« ルーカス・オルドネス選手がカメラに収めているものは? | トップページ | トミーカイラZZにルーフが付いた!? »

2015年5月29日 (金)

トヨタ86コンバートEVは何を目指す?

 トヨタ86をコンバートEVにした#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV(金沢秀好選手)は、JEVRA(全日本電気自動車レース)シリーズのコンバート車両のクラス(EV-Cクラス)に参戦するマシンです。今シーズンも開幕から2連勝。通算5勝を挙げており、昨年のタイトルも獲得したチャンピオンマシンです。

Ft86_1_2
 トヨタ86が登場した直後にEVコンバートされてしまったこのFT86。この製造したのは大阪にある繁原製作所。ギヤの試作・製造する会社です。車両のスペックは、リチウムポリマーバッテリーを36.3kwh搭載し、モーターはアメリカのUQM社PP145(最高出力145kw、最大トルク400N・m)を採用。車重は1460kgとノーマルよりも200㎏以上重くなっています。

Ft86_2_2
 当初は4速ドグミッションを搭載していましたが、昨年はIパターンの6速シーケンシャル式ドグミッションに進化しています。

 さて、このFT86、今シーズンは全戦参戦するということです。もう、日産リーフやBMW i3が束になってかかっても、全くの横綱相撲を取っている状態です。しかし、繁原製作所の繁原秀孝社長は、これをさらに進化をさせるというのです。

Ft86_4
 やはり、参戦当初から繁原社長が唱える「打倒! テスラ ロードスター!!」のようです。電池を増し積みし、来たるべきテスラ参戦の一戦に備える、ということです。実はその先にパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム参戦という目標もあるんですけどね。テスラを負かしたら、今度はシフトをパドルシフトにして変速タイムをもっと短縮して、とまだまだ進化の予定も山積のようですが…。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« ルーカス・オルドネス選手がカメラに収めているものは? | トップページ | トミーカイラZZにルーフが付いた!? »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/60146671

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ86コンバートEVは何を目指す?:

« ルーカス・オルドネス選手がカメラに収めているものは? | トップページ | トミーカイラZZにルーフが付いた!? »