« 世界一有名なガソリンスタンド | トップページ | 表紙のアノ娘が「自分も86を買いましたー!」 »

2015年6月 9日 (火)

マツダ新型ロードスターを、余すとこなく堪能する

 初代のNAから始まりNB/NCときて、今回のNDで四台目となるわけですが、今までの流れから大きく変えてきたのに不思議にロードスターの匂いを感じさせるあたりはサスガです。スカイアクティブ技術を盛り込んで、作り手側のこだわりを随所に注入しているにもかかわらず大きく主張はせずに、乗り手にはしっかりと伝えてくる。「乗り味」や「フィーリング」といった感性の部分を磨いてきたところに、マツダらしさが感じられます。

1

 しかも乗るとこれがまたいい! チョイ乗りだけでは新型ロードスターの良さをすぐにはわからない、そこはかとない深さを感じさせてくれる足回りのセッティングは「さすが拘りの虫谷!」と唸らせる出来映えです。もちろんデザインチームも素晴らしい! こんなに冴えたデザインの国産車は今まででもほとんどない、というくらいの秀逸なスタイリング(個人の感想)です。先鋭的なのにどこかクラシカルでしっかりとロードスター、という絶妙な域を表現しています。

2

 そんな新型ロードスターの魅力を余すところなく引き出そうとして作ったのが、「ニューカー速報プラス第21弾 マツダ新型ロードスター」です。山本修弘主査へのインタビューに始まり、レジェンドとも言うべき初代主査の平井敏彦さんと2〜3代目の主査を務められた貴島孝雄さんも登場!

20150609

 またキーマンとも言うべき藤原清志専務と人見光夫専務にもインタビューを敢行するなど、マツダがロードスターに拘ったところを徹底的に聞き出しました。さらにさらにマツダ社内でも虫谷学校という人馬一体のドライビング理論を展開している、車両開発本部走安性能開発部主幹の虫谷泰典さんにもお話を伺っています。

3

4

 新型ロードスターを1から100までわかるどころか、歴代ロードスターが築いてきた軌跡まで知ることが出来る「ニューカー速報プラス第21弾マツダ新型ロードスター」は、780円で全国書店で絶賛発売中です! すでにお買い求めにくくなっている書店もあるということなので、お早めにお求めください!!!(編集部・山本亨)

|

« 世界一有名なガソリンスタンド | トップページ | 表紙のアノ娘が「自分も86を買いましたー!」 »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/60302552

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ新型ロードスターを、余すとこなく堪能する:

« 世界一有名なガソリンスタンド | トップページ | 表紙のアノ娘が「自分も86を買いましたー!」 »