« ポーチクってなんだ? | トップページ | 【パイクスピーク'15】4年目のパイクスピーク取材スタート! »

2015年6月22日 (月)

門型洗車機の最新モデルをチェック!?

 自動車整備機械工具展示会「第34回オートサービスショー2015」が2015年6月19日(金)~21日(日)の3日間、東京ビッグサイトで開催されました。

 整備検査機器、車体整備機器、塗装機器から工具まで、クルマの整備に関わるさまざまなものが展示されています。洗車関連機器も展示されており、国内主要メーカーの最新門型洗車機が展示されています。毎回派手なラッピングでPRしているエムケー精工では、今回、洗車機初となるガラス系コーティング剤「ティアラコート」を紹介していました。

Mk
 これは、ガラスに似た特性を持つ特殊樹脂である3Dレジンを使用したもので、これまでの洗車機コーティングではできなかった硬質かつ平滑な被膜を持たせることができ、透明感のあるツヤと滑水性を発揮するということです。

Anzen
 また、ダイフクの門型洗車機を取り扱う安全自動車では、ダブルアクションI.B.Sという最大15度の傾斜&上下分割のサイドブラシでのデモンストレーションを実施。これは傾斜のある車両リア部のスポイラーの内側までしっかり洗えるというものです。

Anzen2
 フィットRSの深いリアスポイラーの下側までしっかりブラシが入っているのがよく見えます。

Altia
 ビューテーの洗車機を取り扱うアルティアでは、デモンストレーションはなかったものの、ロゼというモデルを展示していました。

 タイヤチェンジャーやアライメントテスターなど、時折見ることがあるアイテムもありますが、なににつかうのかわからないアイテムも数多いこの展示会。各地の自動車大学校の学生なども見学にやってきており、来場者を見ると、まだまだクルマ業界は大丈夫だと感じるほど、毎回盛況なイベントとなっていますよ。

|

« ポーチクってなんだ? | トップページ | 【パイクスピーク'15】4年目のパイクスピーク取材スタート! »

CARトップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/60444394

この記事へのトラックバック一覧です: 門型洗車機の最新モデルをチェック!?:

« ポーチクってなんだ? | トップページ | 【パイクスピーク'15】4年目のパイクスピーク取材スタート! »