« ゆるキャラのオカザえもんとお兄さんはどう違うのか | トップページ | 車検時の自動車税・納税証明書がペーパーレス化 »

2015年6月18日 (木)

ハコスカのサウンドと長谷見正弘の走りに感激した!

 GT-Rは昭和44(1969)年に登場したKPGC10(通称:ハコスカ)、平成元(1989)年にデビューしたR32、そして現行型のR35と、三世代にわたって進化している。それぞれが生まれた時代背景や投入された技術は異なるが、根底に流れる「GT-Rの魂」は不変である! というのが、6月10日に発売されたGT-R Magazine 123号では、特集企画のテーマとなっている。

Hasemi_3

 そんな三世代のGT-Rと共に歩んできたレース界の大御所・長谷見昌弘さんに登場いただきました! ハコスカ/R32/R35の3台に試乗、GT-Rに寄せる想いを語る長谷見さんの当日の取材の模様は、動画としてWEB CARTOPでも紹介しているので、ぜひご覧ください。
 http://www.webcartop.jp/movies/9671
 http://www.webcartop.jp/movies/9811

「久しぶりにヒール&トゥをしたよ!」  さすがに“天才”と称されるだけあり、見事なテクニックで歴代GT-Rをスムーズに走らせてくれました。中でも、ハコスカが奏でる快音には、スタッフ一同、聞き惚れてしまいました!

Gtr123_2

                  GT-R Magazine 123号
                  1,300円(税込)偶数月1日発売

|

« ゆるキャラのオカザえもんとお兄さんはどう違うのか | トップページ | 車検時の自動車税・納税証明書がペーパーレス化 »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/60239184

この記事へのトラックバック一覧です: ハコスカのサウンドと長谷見正弘の走りに感激した!:

« ゆるキャラのオカザえもんとお兄さんはどう違うのか | トップページ | 車検時の自動車税・納税証明書がペーパーレス化 »