« ドリフトマッスル、今後アジアに展開が可能か? | トップページ | モーターショープレスデーの午後から入場できる限定チケット発売! »

2015年9月30日 (水)

関東一寂しいPAを発見してしまった?

 高速道路の休憩施設は、ここ近年非常にトイレもきれいでかつ高機能化しており、その魅力を高める工夫が盛りだくさんですね。

 もうサービスエリア(SA)は、レストラン、案内所はもちろんコーヒーショップ、コンビニエンスストア、さらには道の駅併設型であったり、ドッグランに遊具施設、そして、これでもか、といった具合にお土産店や専門店が出店していて、ホントに週末はSAに遊びに行こうか、と思ってしまうほど。もちろん、我々も長距離取材となると、それなりに楽しみにしたりもしています。
急いでいるときや行楽気分ではない、トイレ休憩だけのような時は、「SAは混んでいるから」とパーキングエリア(PA)で済ませることもありますが、それでも売店や軽食コーナーを利用することがあります。

 高速を使っていて、売店が無いPAに立ち寄ることもありますが、それはそれで非常に寂しいものではありますね。

Takataki001
 さて、そんな寂しいPAの中でも特に際立って寂しいPAを先日発見してしまいました。圏央道・高滝湖PA(上下線共用型)です。なんと千葉県! なにが寂しいかというと、トイレだけ、自販機すら無いPAなのです。

Takataki002
 しかしトイレはきれいでしたし、高滝湖に隣接していて、これまた殺風景な展望台に上れば湖が一望できます。またイベントスペースを工事しているということでしたから、これから大きく発展するかもしれませんね。

Takataki003

|

« ドリフトマッスル、今後アジアに展開が可能か? | トップページ | モーターショープレスデーの午後から入場できる限定チケット発売! »

XaCAR掲載記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/61806749

この記事へのトラックバック一覧です: 関東一寂しいPAを発見してしまった?:

« ドリフトマッスル、今後アジアに展開が可能か? | トップページ | モーターショープレスデーの午後から入場できる限定チケット発売! »