« アバルトカップという名の走行会 | トップページ | 本物のタイヤかすはどっち!? »

2015年9月15日 (火)

初秋のニュルブルクリンク詣で?

 5月に行なわれた24時間レースからまだ3カ月ちょっとしか経っていませんが、またニュルことドイツのニュルブルクリンクに来ています。

Ao4_7245
 今回の目的は上の写真の通り、シビックのドイツでの試乗です。同行するのは、XaCAR誌の取材で初めてニュルブルクリンクを訪れ、その後ニュルのとりこになったという中谷明彦さんです。その詳細は9月26日発売のCARトップ11月号でぜひお楽しみください。

Ao4_8117
 もちろん、ニュルへ来たからには、毎回恒例の「成瀬さんの桜の木」を訪れました。ここは、トヨタの開発ドライバーのトップで、LFAのテストを受け持っていたマスタードライバー成瀬弘さんとBMWのドライバーが、残念な事故死を遂げた場所なのですが、そのメモリアルとして2本の桜の木が植えられています。このコーナーではほぼ毎年この桜の木の写真をアップしているので、まるで桜の木の定点観測になってしまっています。毎回晩春の頃が多いのですが、今回は9月の訪問ですから、季節としては初めての写真になりますね。

Ao4_8040
 さて、ニュルのロケが終了すれば、ニュル名物を食べたいってことになります。業界でも有名なニュル名物といえば「石焼ステーキ」です。ニュル城のすぐ近くにあるPISTENKLAUSE(ピステンクラウゼ)というレストランで提供されるメニューです。生肉が焼けた石の上に乗って出てきて、それぞれが好みに合わせて焼いて食すというものです。

Ao4_8047

「そんなにうまいというわけではない」と中谷さんは 言っていますが、やはり来たからには立ち寄りたい、という感じになります。「ショウユソース」と頼めばちゃんと醤油も出てきます。

Img_97051
 で、出てきたのはコレ。実はこの5月に、このお店にXaCARが寄贈した醤油なんです。減り具合から見て、まだ1年半近くは持つかな?(XaCARレポーター・青山義明)

|

« アバルトカップという名の走行会 | トップページ | 本物のタイヤかすはどっち!? »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/61601232

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋のニュルブルクリンク詣で?:

« アバルトカップという名の走行会 | トップページ | 本物のタイヤかすはどっち!? »