« モーターショーで(なくても!!)やってはいけないこと! | トップページ | ドリフトマッスル、今後アジアに展開が可能か? »

2015年9月25日 (金)

ニューモビリティワールド展は成功したのか?

 2011年の東京モーターショーから、主催者テーマ事業として同時開催となっていたのが、SMART MOBILITY CITY です。住宅・通信・エネルギー・素材など多種多様な企業とともに、クルマを核にした「スマートコミュニティ」および「ITS」における日本の技術の先進性を国内外に発信する企画、として開催されてきています。もちろん今年開催となる東京モーターショーでも同様に開催されます。

Nmw001
 一方、ドイツで開催されているフランクフルトモーターショーでも同様のイベントが初開催されました。それが「ニューモビリティワールド」展です。フォルクスワーゲングループの展示が行なわれている3号館の3階フロアを使っての開催です。

Nmw002
 自動車メーカー各社は自車のEVやPHEVを展示。また、電動バイクや自転車をはじめとする、さまざまな展示がありました。

Nmw003
 が、初めての開催ということもあるのでしょうが、人もまばらでビックリするほどの人気の無さでした。また、展示もわかりにくいものが多かったような感じがしています。次回は立地も含め、もう少し改善されるといいですね。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« モーターショーで(なくても!!)やってはいけないこと! | トップページ | ドリフトマッスル、今後アジアに展開が可能か? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/61692632

この記事へのトラックバック一覧です: ニューモビリティワールド展は成功したのか?:

« モーターショーで(なくても!!)やってはいけないこと! | トップページ | ドリフトマッスル、今後アジアに展開が可能か? »