« 今週末はJEVRAシリーズ最終戦2戦! | トップページ | 水素自動車ミライで世界初のレース、その結末は電欠!? »

2015年10月14日 (水)

e-tron店に見るAudiの本気度

 2015年10月7日、アウディジャパンはAudi A3 Sportback e-tronを年内に発売することを発表しました。このA3スポーツバックe-tronはこの車両はアウディ初のPHEV(プラグインハイブリッド)モデルです。ガソリン直噴ターボ1.4TSFIエンジン(150ps/250Nm)と、モーター(109ps/330Nm)の組み合わせで駆動(システム出力は204ps/350Nm)。容量8.7kWhのリチウムイオン電池を搭載してEVモードだけで、52.8kmの走行が可能です。

Audi4
 PHEVということで、フロントグリルの4リング内に充電口が用意されています。ちなみに外部充電は、普通充電のみ、です。

Audi2_2
 もちろん、このA3 e-tron導入にあたっては、ディーラーでも充電環境が必要です。そこでアウディ正規ディーラー155店舗のうち、55店舗のe-tron店を立ち上げ、ここで発売し、充電設備も用意するとしています。普通のディーラーでも充電器を設置するようですが、なんと、e-tron店には1店舗当たり各5基の設置となるということです。ショールーム内に1基、納車スペースに1基、駐車場に2基、整備スペースに1基といった具合です。

Audi_2
 2013年にオープンし、このA3e-tronの試乗会場として使用された巨大ディーラー「Audi みなとみらい」もそのAudi e-tron店のひとつです(現時点でe-tron店と一般ディーラーとの明確な区別はありません)。駐車場には充電器が用意され、その前の駐車スペースには「e-tron」と描かれ、専用駐車スペースであることがわかります。このe-tron店の55店舗というのは現在の数であって、今後増えて行くと予想されます。

Audi3_2
 アウディでは、Audiチャージドックという家庭用充電器もオプション設定しています。そして家庭での充電器設置には最大15万円のサポートも行なうとしています。アウディの本気度がわかりますね。ちなみにe-tronは、電気駆動車両という意味で、ピュアEVもPHEVも現時点では同じe-tronという表現になっています。

|

« 今週末はJEVRAシリーズ最終戦2戦! | トップページ | 水素自動車ミライで世界初のレース、その結末は電欠!? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/62021061

この記事へのトラックバック一覧です: e-tron店に見るAudiの本気度:

« 今週末はJEVRAシリーズ最終戦2戦! | トップページ | 水素自動車ミライで世界初のレース、その結末は電欠!? »