« 続々と登場した欧州の電気自動車と本家日本のEV | トップページ | 紅葉ドライブスポット情報 富山県 »

2015年10月27日 (火)

ホンダの市販FCV、名前は未だ?

 東京モーターショー開幕まで1週間を切った10月の第4週、栃木県にあるホンダ技術研究所でホンダの「2015 Honda Meeting」が開催されました。これはアナリストやメディア関係者にホンダの最新技術や現在開発中のものも含め「ホンダの今」を見ることができる機会です。

Hondameeting
 やはり新型NSXとFCVの注目は高かったですね。すでにNSXは各国のモーターショーでもお披露目されていますし、FCV市販車も写真が出ていますので、サプライズという感じはないのですが、それでも実際に目の前で走行しているシーンを見ると、またちょっと違った印象を受けることがありますね。

Fcv001
 せっかくの撮影の機会ですし、試乗も可能だったのでFCVに実際に乗ってみました。ドライビングシートは低めです。またルーフ高が結構絞り込まれている上にシート下に水素タンクが置かれているリアシートですが、十分なヘッドスペースがありましたね。

Fcv002
 さて、このFCV、東京モーターショー出展の際のネーミングは、新型FCV(仮称)となっています。そう、この名称は28日の午前11時半まで教えてもらえません。ネームロゴはリアの左側テールランプ下に貼られるようですが、この展示車には貼ってありませんでした。

Fcv003
 スカッフプレートには名前が入っているようですが、さすがにこの隠しテープを剥がす勇気はなかったです。ということで、28日の名前の発表、そして価格の発表を心待ちにします。

気になるNSXについては、以下からどうぞ!

世界初公開! 新型NSX日本仕様の速攻解説&詳細写真 その1

世界初公開! 新型NSX日本仕様の速攻解説&詳細写真 その2

世界初試乗! 新型NSX日本仕様に一番乗り!!

|

« 続々と登場した欧州の電気自動車と本家日本のEV | トップページ | 紅葉ドライブスポット情報 富山県 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/62207327

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダの市販FCV、名前は未だ?:

« 続々と登場した欧州の電気自動車と本家日本のEV | トップページ | 紅葉ドライブスポット情報 富山県 »