« 全日本EVレース、今週末つくばで開幕! | トップページ | CARトップ・ミライ、かく戦えり »

2016年4月26日 (火)

まだまだ大変? 燃料電池車でのレース

 今年全6戦で行なわれるJEVRA(全日本電気自動車グランプリ)シリーズ、2016年の開幕戦(4月24日決勝)に、燃料電池車であるCARトップ・ミライで参戦してきました。

 開幕戦は筑波サーキット! 最寄りの水素ステーションは、つくば市にある「つくば春日水素ステーション」。しか~~し、その営業時間は、なんと、水曜日と金曜日の12時~14時。つまり1週間(168時間)のうち、営業時間は4時間。単純に時間で割ると稼働時間はたったの2%です。

 これではどうしようもありません。実は昨年もミライでこのJEVRAシリーズに一度だけ(富士スピードウェイで開催された第4戦に)参戦しました。自走していって、最後は水欠(ガス欠・電欠ならぬ)で積載車を呼ぶ羽目に…。水素を残してレースをすればいいんですが、なかなかそんなにうまくはできません。もちろん、日本全国を探しても水素が充てんできるサーキットなんてどこにもありません。

H2station
 そこで今回は、最初から、積載車でサーキット入りすることとしました。まずは、レースに最も近い水素ステーションが開いている日、つまりウィークデーの金曜日に水素の充てんです。

 目いっぱい水素を入れたいんですが、EVと違って、水素の場合はきっちりと管理されているらしく、水素の継ぎ足しはできないということです。だからしっかり充てんした後は、そおっと超エコランで駐車場まで戻ります。

 そこから、レンタカーの積載車を借りるまで、駐車場で待機(レンタカーも安くはないですからね、24時間だけ借ります)。決勝日は日曜日1日のみなので、土曜日の夜にレンタカーの積載車を借りて、車両を積み込んでサーキットへ。

Circuit
 レースが終わったら、また駐車場まで戻って車両を下ろしたらレンタカーを返却。次に水素ステーションが営業を始める月曜朝のステーションのオープンまで待つ、ということになります。つまり、レースに出るために4日もかけて参戦。このとおり、燃料電池車でのレースは、まだまだ難しいってことですかね~?

JEVRA開幕戦の模様は、WEB CARTOPでレポート中!

|

« 全日本EVレース、今週末つくばで開幕! | トップページ | CARトップ・ミライ、かく戦えり »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/65131989

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ大変? 燃料電池車でのレース:

« 全日本EVレース、今週末つくばで開幕! | トップページ | CARトップ・ミライ、かく戦えり »