« 日産リーフに60kWhは搭載されるのか? | トップページ | やっぱりアドバンカラー! »

2016年5月30日 (月)

新型NSXの要素展示盛りだくさん!?

 神奈川県・パシフィコ横浜で5月25日から27日まで開催された「人とくるまのテクノロジー展2016」だが、各サプライヤーのブースでは様々な車両のパーツが展示されているが、その中には新型NSXのパーツも展示されている。

Hypoidgear
 ショーワブースには「スーパースポーツカー用ハイポイドギヤ」という名称で登場。車両の駆動の向きを変え最終減速機に使用されているハイポイドギヤ。その表面を特殊バレル研磨で歯面鏡面化(ハイポイドギヤとしては日本初)を施しており、従来品比4倍の高トルクに対応しており、また高回転に耐えられるものとしている。また、中空ピニオンギヤと薄肉リングギヤとして軽量化にも貢献している。そしてギヤのかみ合い位置が変化してもギヤ音変化の少ない歯形のチューニングを行なって、静粛性もアップさせているという。

Hitokuruma05
 昨年アメリカ・インディアナ州でターボチャージャー工場を立ち上げてその生産能力を高めている三菱重工業のブースでは、各種ターボチャージャーのカットモデルが並んでいた。高級スポーツカー向けターボチャージャーというコーナーで、日産GT-R用のターボなどが並んでいる中に、もちろん「3.5Lガソリン用ツインターボTD04」という名称で展示されていたのが、それ。エンジンの形状イラストが入っているのでよくわかる。

Hitokuruma04
 新型NSX。登場まであと少し、ですね。

|

« 日産リーフに60kWhは搭載されるのか? | トップページ | やっぱりアドバンカラー! »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/65702146

この記事へのトラックバック一覧です: 新型NSXの要素展示盛りだくさん!?:

« 日産リーフに60kWhは搭載されるのか? | トップページ | やっぱりアドバンカラー! »