« パイクスピークに、ついにモデルS登場! | トップページ | 【パイクスピーク’16】山内一典さんパイクスピーク完走? »

2016年6月26日 (日)

【パイクスピーク’16】今年も快晴の決勝日

 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2016の決勝日です。

Startline
 毎年、朝4時のバスに揺られてパイクス山頂に向かっていますが、快晴です。ただ、山頂付近はなんと凍っています。いま、除雪作業が行なわれています。ただ、スタート時間(現地時間午前8時=日本時間25日23時)は少し遅れるだろうとアナウンスされています。

Finishline
 また、恒例の午後には天候が荒れるパターンも考えられます。この後の天候が気になるます。観客はいつも以上に入っている様子ですね。さすが100周年の記念大会ですね。

Devilsplayground
 これまたパイクスピーク好例と言いますか、出走オーダーが今年も変わっています。昨年は2輪部門が2つに分けられ、2輪パート1、4輪、2輪パート2という順番で決勝レースをスタートさせたわけですが、今回は2輪、そして4輪というこれまで通りの出走順に戻りました。

 4輪の出走順は、昨年と同じ予選のタイム順で出走となりました。ボトムセクションで一番速いタイムを出した者から決勝を走ります。

 注目の4輪トップバッターは、2014年の覇者で先日のル・マン24時間レースでも優勝したロメイン・デュマ選手。続く2番手には昨年のEVで初めて総合優勝をしたリース・ミレン選手です。本田技術研究所チームで参戦の山野哲也選手がこれに続きます。

 さて誰が一番早いタイムで上がってくるのでしょうか?

(XaCARレポーター・青山義明)

|

« パイクスピークに、ついにモデルS登場! | トップページ | 【パイクスピーク’16】山内一典さんパイクスピーク完走? »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/66220809

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク’16】今年も快晴の決勝日:

« パイクスピークに、ついにモデルS登場! | トップページ | 【パイクスピーク’16】山内一典さんパイクスピーク完走? »