« 気になる中国EV事情をチェック | トップページ | パイクスピークに、ついにモデルS登場! »

2016年6月22日 (水)

気になる中国EV事情をチェック その2

 前回に引き続いて、中国のEV事情視察レポートです。

Chinaev05
 やはりEVといえば、充電環境が気になるところだと思います。今回は、北京市郊外の懐柔地区というところを訪れてみました。この懐柔地区は、タクシー、そして一部路線バスもEV化されており、まさにEV先進地区です。

Chinaev03
 この地区のショッピングセンターの駐車場には直流の急速充電器が設置されていました。驚いたことに、その数は6台。日本国内でも急速充電器が2台以上並んでいるところなんて見たことがありません。一気に作ってしまったほうが工事費も割安でしょうし、これこそEVの普及化に重要な仕組みかもしれません。急速充電プラグを見るとわかる通り、中国の急速充電は、日本のチャデモとも欧米のコンボとも異なる規格ですね。

Chinaev04
 ただ、せっかく充電器は用意されているのに、まだサービスが始まっていません。なぜ止まっているのかわかりませんが、始まってしまえば、EV化が一気に進められるという環境は整いつつある、という感じですね。

|

« 気になる中国EV事情をチェック | トップページ | パイクスピークに、ついにモデルS登場! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/66111258

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる中国EV事情をチェック その2:

« 気になる中国EV事情をチェック | トップページ | パイクスピークに、ついにモデルS登場! »