« 台車にも! 台車こそ? 自動運転!! | トップページ | 電気自動車レース、初の中部地方で開催! »

2016年6月 7日 (火)

テスラ モデルS、外観を大きく変更

 テスラのプレミアムEVセダンであるテスラ モデルSが初めて外観の変更を受けた。モデルSと言えばこれまでオートパイロット用のカメラおよびセンサー類が追加で装着されたり、もともとはシングルモーターだったものがデュアルモーターの4輪駆動モデルが追加されたり、と2012年の登場から進化を続けている。

Tesla1
 今回変更を受けたのは大きく3か所。フロントフェイス、サイドシル、そしてリアディフューザーだ。またLEDヘッドライトも採用している。

Tesla3
 もともとグリルのないフロントフェイスではあるものの、グリル風にブラックフィニッシュを施されていたため、違和感はなかったのだが、今回そのブラックフィニッシュされた部分を排除。よりEVらしさが際立った形状に変更となったといえる。

Tesla2
 これまで発表されていたのでわかっているのだが、実物を見ても、やはり違和感をぬぐえない。2~3年もすれば見慣れてくるのであろうか・・・。

|

« 台車にも! 台車こそ? 自動運転!! | トップページ | 電気自動車レース、初の中部地方で開催! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/65762836

この記事へのトラックバック一覧です: テスラ モデルS、外観を大きく変更:

« 台車にも! 台車こそ? 自動運転!! | トップページ | 電気自動車レース、初の中部地方で開催! »