« ランエボの魂が宿る学生フォーミュラマシン? | トップページ | ドリフトマッスル集団がまさかの4耐優勝!? »

2016年8月29日 (月)

人馬一体・二軍チーム、いつかは一軍へ?

 来る9月3日(火)は、筑波サーキットで、「第27回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が行なわれます。今年も27チームが参加。もちろん我々も「#111 CARトップ/易車網 城市一族」として参戦します。そんな年に一度のメディアのお祭りを6日後に控えた、8月最後の週末、同じ筑波サーキットを舞台に、マツダファン・エンデュランス第3戦茨城ラウンドが開催されました。

Matsutai04
 通称「マツ耐」と呼ばれているこのイベント。普段街中で使用しているマツダ車そのままで参加できる非常に敷居の低いサーキットイベント。150分(2時間30分)という規定時間内でどれだけ多く サーキットを周回できるかを競うレースで、給油満タンでスタートし、途中での給油作業はNG。ドライバーは4名まで登録可能で、新旧ロードスターやデミオをはじめ、数多くのマツダ車が参戦します。

Matsutai03
 この茨城ラウンドもグリッドいっぱいの30台のエントリーを受け付けたが、足切りがあったというほどで、盛り上がりを見せています。

Matsutai01
 さて、そんなマツ耐には新型のNDロードスターも参戦しています。その中の一台、よく見ると広島ナンバーのNR-A。わざわざ台風が接近する中筑波までやってくる、好きな人がいるものだなと感心していると・・・。

Matsutai06
 なんと、マツダのそうとう偉い方々がドライバー登録されているじゃないですか! 写真左から3人目の青山裕大執行役員(営業領域総括、ブランド推進・グローバルマーケティング・カスタマーサービス担当)。ドライバーシートに収まっているのは梅下隆一執行役員(カスタマーサービス本部長)。さらに車両開発本部 本部長の松本浩幸さん(写真一番左)。そして工藤秀俊広報本部長(写真左から2人目)、です。

Matsutai05
 そんなとても偉い方々なんですが、すでに4回、このマツ耐に出場しているそうです(そのうち2回はガス欠で完走できず?)。目指すのは、メディア対抗4時間耐久に出場すること、だそうです。メディア対抗レースには、マツダから「#12 人馬一体チーム(藤原清志取締役専務執行役員、前田育男常務執行役員、廣瀬一郎執行役員、そして中山雅主査兼チーフデザイナーとこちらもすごい面々がドライバー登録済み)」が出場します(二軍チームで走っていた青山執行役員はこちらの本戦にも出場)。

 現在のマツダが好調なこともこんなところから伺い知れますね。それにしてもマツダ・チームの層が厚いことがよくわかります。今週末のメディア対抗レースでのマツダ人馬一体(一軍?)チームの結果も気になります!

|

« ランエボの魂が宿る学生フォーミュラマシン? | トップページ | ドリフトマッスル集団がまさかの4耐優勝!? »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/67228906

この記事へのトラックバック一覧です: 人馬一体・二軍チーム、いつかは一軍へ?:

« ランエボの魂が宿る学生フォーミュラマシン? | トップページ | ドリフトマッスル集団がまさかの4耐優勝!? »