« ドリフトマッスル集団がまさかの4耐優勝!? | トップページ | こんなの知ってる? マツダのフォーミュラマシン! »

2016年9月16日 (金)

マツダ・レースウェイ・ラグナセカのブリッジにあるものとは

 アメリカ、カリフォルニア州モントレーにあるサーキット、ラグナ・セカ。MotoGPやアメリカン・ルマンシリーズなども開催される有名なサーキット(コース全長約3.6km)です。コースの中盤にある15mほどの高低差のあるS字コーナーは「コークスクリュー」と呼ばれ、ここを下り落ちるようにレーシングマシンが走行しているシーンは有名ですね。

Mrls02
 マツダのネーミングライツを取得し、2001年からマツダ・レースウェイ・ラグナセカと呼ばれています。もちろん、マツダの冠をつけているコースだけに、サーキット入り口にはマツダMX-5(日本名:ロードスター)が展示され、コース場内には、マツダのブランドシンボルがリーダーボードの上で回っていたり、ロゴがコースサイド各所に掲げられてたりしています。

Mrls00
 さて、今回マツダが来年から国内でシリーズを開催するグローバルMX-5カップの取材で訪れました。そこであることに気が付きました。

Mrls01
 あることとのは、ラグナ・セカのコースを横断するブリッジのことです。ブリッジの外側は、マツダロゴ及びクーパータイヤの看板が掲げられています。看板でおおわれているのは、危険防止およびブリッジ上での滞留を防止するためです。つまり四方がきっちりと覆われていて、ブリッジ内部からはコースが見られないようになっています。

Mrls03
 ですからブリッジを渡る際は殺風景な中を歩くことが多いのですが、ここのブリッジは違います。目線を少し上げると、マツダに関するトリビア的なことが書いてあるのが見て取れます。

Mrls04
Mrls05
Mrls06
 全部紹介したいのですが、トリビアですからね。また別の機会にでも。もし、一度現地を訪れる機会があれば必ず立ち寄ってみてください!

|

« ドリフトマッスル集団がまさかの4耐優勝!? | トップページ | こんなの知ってる? マツダのフォーミュラマシン! »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/67506520

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ・レースウェイ・ラグナセカのブリッジにあるものとは:

« ドリフトマッスル集団がまさかの4耐優勝!? | トップページ | こんなの知ってる? マツダのフォーミュラマシン! »