« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

新車の性能評価にはこんなにドラマがあった!

 自動車雑誌がクルマの本格的な性能を確認する定番のテストコースが、茨城県にある筑波サーキットだった。だった、というのは、最近では筑波サーキットを借りて新車のテストをする雑誌は珍しく、いまはCARトップだけが40年以上続けている。話題のニューモデルがどんなタイムで周回できるか、車好きはそのタイムアタックに一喜一憂したものだ。

Tsukuba_2

 車の性能を決めるのはサーキットの周回タイムがすべてではないが、ブレーキを含めた限界性能や、急な挙動での安定性など、サーキットでは安心してテストが進められる。

 かつては1分10秒を切れば相当に速いクルマだった。時は流れ、新型NSXやGT-Rは1分3秒前後までタイムを詰めることができるようになったし、安全性能も格段に進化している。いまでも、このサーキットはクルマの持っているポテンシャルをしっかりと教えてくれるのだ。

1tsutsumi_2
津々見友彦さん

 1970年代後半に始まったCARトップ筑波テストは、レースで活躍していた津々見友彦さんに数多く走ってもらった。その後、あの中島悟さんにもお願いしたがトップドライバーになった中嶋さんは、なかなかスケジュールが合わない。そんなことで、いろいろなドライバーに筑波テストをお願いしていたが、僕としてはなんとか「定点観測したいなー」と思い始めていた。

2nakajima_2
中嶋悟さん

 1985年にCARトップ編集長になった僕はすぐに清水和夫さんに会ってお願いした。「ぜひ、毎月必ず筑波サーキットテストをしてください。スケジュールを優先して明けて欲しい」と頼み込んだ。そこから毎月清水和夫さんの筑波テストが始まった。

3shimizu_2
清水和夫さん

 実はプロドライバーの腕前は素晴らしく、生産車ならどなたでも1秒以内のタイム差しかない。当時は、やっと国産スポーツカーが1分10秒を切り始めた時だった。それでも、「一人のドライバーが同じ条件でテストする」ことにこだわった。毎号のデータの積み重ねは自動車メーカーも気になり始め、開発の目標値に筑波サーキットのタイムが加わるようになった。

 時はながれ、いま排ガス問題を克服したクルマたちが生き生きと走り、電気自動車がスポーツカーの概念を変えようとしている。筑波サーキットは、今後も様々な伝説を作ってくれるに違いない。(編集長・城市邦夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

北海道ロケの始まり?

 寒くなってきました。雪上試乗会や来夏発売のスタッドレスタイヤの新製品取材会といった冬季ならではの恒例の北海道ロケがスタートしました。

Mazda001
 
ということで、今回は「マツダ車雪上取材会」に行ってきました。会場は、マツダが国内に持っている試験場の一つ、北海道上川郡剣淵町にあるのが北海道剣淵試験場です。北海道にあるということからもわかる通り、この試験場では毎年1月から2月にかけて、冬季耐寒試験を行なっています。

 1年で日が一番短い時期での開催ですが、試験場の冬季耐寒試験の本格的にスタートする前に、ということでの開催ですね。今回の取材会はマツダ車の4WD性能や様々な冬のドライブに関するマツダの取り組みを紹介するもので、今回で3回目となります(剣淵試験場で行なったのは今回が2度目)。

Mazda002
 会場には、マツダの新世代商品群の車両が並び、もちろん先日発表になったばかりの2代目CX-5も登場。もちろん試乗する機会も設けられました。

Mazda003
 今回は他にもワークショップという形で、「i-ACTIV AWD」を体感したり、マツダが進めているダイナミクスの統一感を持たせた車両挙動の制御である「G-ベクタリングコントロール」や操縦安定性能などを実感できました。

Mazda004
 雪国で多く使われている長靴での運転操作の実情など、日常的に積雪路をドライブすることの少ない我々取材班には面白い体験も。詳しくは次号のCARトップ誌でぜひ!

 ということで、北国での取材シーズンもスタート。これから他にも北海道ロケが続きますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

今年最大の筑波ロケ敢行

 冬晴れのいい天気に恵まれた12月某日。筑波サーキット・コース2000の1~11番ピットはCARトップ専用スペースとなっていました。

Cartoptsukuba01
 今年最後の筑波サーキットのロケを、CARトップ本誌と別冊とで取材を同時に敢行。そのため今回筑波に持ち込まれたテスト車両、その数なんと16台。これで一斉ロケを行なったのです。

Cartoptsukuba02
 このロケでは、ドリフトキング、ドリキンこと土屋圭市さん、筑波アタックのテスターである清水和夫さん、そして理論派ジャーナリストの中谷明彦さんというおなじみの3名がテスター。これに日産、ホンダ、スバルの開発担当者も加わり、もちろん編集部員は全員出動。カメラマンは誌面用に3名、さらに動画取材班として5名が加わるという、大所帯での取材でした。

Cartoptsukuba03
 日の出前からスタートした恒例の筑波アタック、そして、最後には筑波山にて動画撮影と恒例の筑波サーキットだけでない大展開。夕方5時、都内に戻った土屋さんが発したのは「おなかすいた~」。はい、ロケはぶっ通しで行なわれ、ランチタイムもなかったハードなものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »