« 大阪オートメッセ2017にウルトラマンがやって来る!! | トップページ | 年々ハードルが上がっていく学生フォーミュラ? »

2017年2月22日 (水)

日本人さらに激減? パイクスピーク2017暫定リスト

 第95回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC/2017年6月25日決勝)の暫定エントリーリストが2月21日に発表されました。今年は、昨年同様出走台数を抑えており、4輪64台、2輪33台の全97台のエントリーリストとなっています。

 このブログで毎年注目してきたEVクラスは、昨年市販EVと改造EVの2クラスが成立していたものの、今回はクラスが消滅。昨年トップ争いを展開した改造EVはほぼアンリミテッド部門にエントリーとなります。

 2013年にセバスチャン・ローブが出して以来の8分台での戦いとなった昨年のPPIHC。トップは、ガソリン車のロメイン・デュマ選手で、そのタイムは、8分51秒445。続く2番手にはEVのリース・ミレン選手(8分57秒118)でした。今年もこの2名の争いは見逃せません。

 そして今回も、この大会に日本人選手が参戦します。残念ながら4輪部門で3名、2輪部門では2名と、昨年比2名減となります…。

Tajima
 参戦選手は、これまで7度の総合優勝を飾り、昨年PPIHCで殿堂入りを果たした「山の男」モンスター田嶋こと田嶋伸博選手、そして2012年のEVクラスチャンピオンとなった奴田原文雄選手もいます。そしてもう一人は、今回PPIHC初参戦となる吉原大二郎選手です。東京・八王子出身で、2011年のフォーミュラ・ドリフト・チャンピオンで、現在もフォーミュラ・ドリフトへスバルBRZで参戦しているドライバーです。今回はエキシビション・クラスへテスラ モデルS(P100D)でルーキー参戦となります。

 残念ながら、本田技術研究所チームから開発車両(4-Motor EV Concept)で昨年参戦し、総合3位(改造EVクラス2位)で日本人最速タイム(9分6秒015)をたたき出した山野哲也選手の名前はありません。

Yasuoarai
 2輪クラスでは、2015年に改造電動バイククラスで優勝した岸本ヨシヒロ選手、そして2014、2015年のPPIHCに参戦してきた新井泰緒選手が1年のお休みを経て復帰です。

 ただ、まだ詳細のわからないTBA(未発表)という車両が合計4台あります。もしかしたらこの中に日本人が、という可能性があるといいんですがねぇ…

(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 大阪オートメッセ2017にウルトラマンがやって来る!! | トップページ | 年々ハードルが上がっていく学生フォーミュラ? »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/69677498

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人さらに激減? パイクスピーク2017暫定リスト:

« 大阪オートメッセ2017にウルトラマンがやって来る!! | トップページ | 年々ハードルが上がっていく学生フォーミュラ? »