« グローバルラリークロス 2017スケジュール決定! | トップページ | 今週末、オートメッセには豪華ゲストが大集結! »

2017年2月 7日 (火)

HUDは変わっていくのか?

 カーエレクトロニクス技術に関する部品・材料、技術などが出展した展示会、「第9回 [国際]カーエレクトロニクス技術展 ~カーエレ JAPAN~( 2017年1月18日- 1月20日/東京ビッグサイト )」で、非常に画質がよいHUD(ヘッドアップディスプレイ)の展示がありました。

 ヴィジュアルゴールテクノロジーという台湾の会社です。見るともなしにブースの前を歩いていたら、「ぜひ見て行ってくれ!」とブース内に引き込まれました。

Vega002
 そこに展示されていたのは後付けタイプのHUD。HUDというと、メーカー純正で装着されているイメージが強い上に、あくまでも補助ディスプレイ感が強いですが、これは、ちょっと違っていました。

 まず驚いたのは、その画像表示のきれいさ。高輝度・高解像度・さらに耐温度性能も高いフルカラーディスプレイを採用しているということです。

Vega001
 その商品名は「VEGA(ベガ)」というそうです。CAN BUS、OBD2の両方に対応した2機種を用意しているそうです。Gセンサーを内蔵しており、各種走行データを表示することも可能。マイクロSDカードスロットを備え、データロガーとして使える等機能拡張も可能。

 操作もモーションセンサーに対応しているという多機能ぶり。さらにはアンドロイド携帯とのWiFi接続で、カーナビ機能も利用できると、なかなかのシロモノです。

 まだ日本国内での販売価格のほうは未定のようですが、気になるアイテムですね。

|

« グローバルラリークロス 2017スケジュール決定! | トップページ | 今週末、オートメッセには豪華ゲストが大集結! »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/69503634

この記事へのトラックバック一覧です: HUDは変わっていくのか?:

« グローバルラリークロス 2017スケジュール決定! | トップページ | 今週末、オートメッセには豪華ゲストが大集結! »