« 日本人さらに激減? パイクスピーク2017暫定リスト | トップページ | ディーラーが似ているだけでなく…? »

2017年2月23日 (木)

年々ハードルが上がっていく学生フォーミュラ?

 今年で第15回目を数える「全日本 学生フォーミュラ大会」へ、過去最多となる118チームの申し込みがあったことが発表されました。

14th_fsae
「全日本 学生フォーミュラ大会」は、日本の学生によるものづくりを競うレーシングカーの競技会で、1981年にアメリカで始まった大会に倣って日本でも2003年から開催されています。フォーミュラSAE(SAEとは、Society of Automotive Engineersというアメリカの非営利の自動車技術者団体のこと)シリーズ大会に組み入れられており、日本を含む世界8ヶ国11大会が同一ルールで開催されています(他にもシリーズ外で同様の競技会が行なわれています)。

 なんとなく、レーシングカーを作って、その出来栄えを競うようなイメージがありますが、各チームはレーシングカーを開発するベンチャー企業という想定で審査されるので、車両の走行性能だけでなく、販売戦略、コスト管理能力、開発能力といった面までを審査しています

 今回は、なんと総申し込み数118チームです。過去最大の申し込みだそうです。ただ、今大会から、車検待ち時間の短縮等の円滑な運営を目的に参加チームの上限を98チームに設定するルール変更がなされています。この足切りについては、まず、前回及び前々回のトップ20、ワールドランキングトップ20、そして受付の先着順という優先順位が付けられたようです。結局現在は98チームが確定(8チームが辞退、ウエイティングリストにはまだ12チームがリストに残っています)しています。

 これまで車両製作もままならないチームもたまに見かけていましたが、車両製作以外に、書類作成など運営するマネージメント能力も問われる時代になっていますね。

 今回のエントリーリストで気になるのは、昨年5位の名古屋大学が、ついにICV(内燃機関車)クラスからEV(電気自動車)クラスに変更して参戦するということです。トップクラスのチームによるクラス変更、どんな結果になるか、気になります。

「第15回 全日本 学生フォーミュラ大会」は、2017年9月5日(火)~9日(土)の5日間、静岡県のエコパ(小笠山総合運動公園)で開催されます。

|

« 日本人さらに激減? パイクスピーク2017暫定リスト | トップページ | ディーラーが似ているだけでなく…? »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/69679876

この記事へのトラックバック一覧です: 年々ハードルが上がっていく学生フォーミュラ?:

« 日本人さらに激減? パイクスピーク2017暫定リスト | トップページ | ディーラーが似ているだけでなく…? »