« 今週末は名阪スポーツランドで、ドリフトマッスル! | トップページ | スバルが惜しくも逃したニュル3連覇 »

2017年5月18日 (木)

コンセプトカーのお披露目に多くのメディアが!

 GLMが、旭化成と共同で、走るコンセプトカーを開発し、2017517日、都内でお披露目されました。

Akxytm01

 その車両は「AKXYTM(アクシー)」と名付けられています。前席1名、後席2名の3人乗りで、ガルウイングを採用、クーペ風の長くなだらかなルーフラインを持つ、次世代クロスオーバー車です。ちなみに車両名の由来は「Asahi Kasei ×You(お客様)」から取ったということです。  

Akxytm02
 車両の3サイズは、全長4685×全幅1813×全高1562mm)。使用するモーターはトミーカイラZZと同じ、最高出力225kW305馬力)のものを搭載します。旭化成の最先端技術や部材・システムを計27品目搭載しており、旭化成の動くショールーム的なコンセプトカーですね。コンセプトカーなのですが、ハリボテではなく、しっかり走るというのが、今回のキモ。コンセプトカーの発表にもかかわらず、会場にはTV局なども多く駆け付けました。

Akxytm04
 GLMではこれまで、完成車事業とは別にプラットフォーム事業も軌道に乗せたいという考えを発してきています。完成車だけでなく、その中身だけを販売するということです。イメージとしては、走行に関わるところはGLMで調達し、オリジナルのボディを架装したいというメーカーへ販売をしていくというモデルです。GLMは、今回このプラットフォーム事業を本格始動すると言っております。

Akxytm05
 ただ、この車両はコンセプトカーで、1台のみの制作です。これまで明らかにされていたプラットフォーム事業という考えからは少し違うような感じですね。

Ao8_9756
 このアクシーについては、2年ほど前からスタートし、実際にクルマを作るというのは1年ほど前から立ち上がったプロジェクトだったということで、それなりの時間をかけてじっくりと製作された一台なわけです。GLMが最初に量産したトミーカイラZZのプラットフォームを使っていると表記されていますが、EV関連ユニットを使用しているだけで、シャシーは新しく起こしています。2人乗りの非常に軽量なトミーカイラZZに使用しているシャシーで、軽量化をしているとはいえ、SUVボディのモデルはさすがに無理でしょう。ちなみに、駆動方式も明らかにされていません。

 

個人的には、試作車量製作事業が立ち上がったというイメージですが、どうなんでしょうねぇ? この車両は、2017年5月24日(水)~26日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県)で開催となる「人とくるまのテクノロジー展2017」の旭化成ブースで一般公開となるので、実際に間近で見ることが可能です。

(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 今週末は名阪スポーツランドで、ドリフトマッスル! | トップページ | スバルが惜しくも逃したニュル3連覇 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/70595043

この記事へのトラックバック一覧です: コンセプトカーのお披露目に多くのメディアが!:

« 今週末は名阪スポーツランドで、ドリフトマッスル! | トップページ | スバルが惜しくも逃したニュル3連覇 »