« 編集女子のCARトップ取材裏レポート 「対歩行者被害軽減ブレーキ」 | トップページ | 編集女子のCARトップ取材裏レポート 「1600kmツーリング」 »

2017年7月21日 (金)

ドリフトマッスル、第3戦を終え、シリーズ争いはより混とんと…

 宮城県にあるスポーツランドSUGO 西コースで、71日(土)~2日(日)に開催となったドリフトマッスルの第3戦。今回もマッスルクラス、スーパーマッスルクラスともに、この長くて非常にテクニカルな菅生のコースでハイレベルなドリフトテクニックを目の当たりにすることができました。

Dmtd3_001
 スーパーマッスルクラスの優勝は、大金良隆選手(#7 MAD FACE FD3S/FD3S)。同チームから参戦の平岡英郎選手(#777 MAD FACE FD3S/FD3S)との決勝追走を経て、自身初の優勝を飾ることとなりました。

Dmtd3_002
 全5戦で争われる2017ドリフトマッスルシリーズの第3戦だが、ポイントランキングトップの前田 翼選手(#74 バーダル オディエイティー with ゼスティノタイヤ)は追走中の接触もあってマシンンは大破したモノの3位に入り、ランキングトップを死守。

Dmtd3_003
 2位に入った平岡英郎選手はポイントランキング単独2位となり、大金良隆選手もランキング4位に浮上、とチームにとっては最高の一日となったようです。

 詳しくは、WEBCARTOP、そしてCARトップ9月号(8月26日発売)をチェック!

|

« 編集女子のCARトップ取材裏レポート 「対歩行者被害軽減ブレーキ」 | トップページ | 編集女子のCARトップ取材裏レポート 「1600kmツーリング」 »

CARトップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/71193381

この記事へのトラックバック一覧です: ドリフトマッスル、第3戦を終え、シリーズ争いはより混とんと…:

« 編集女子のCARトップ取材裏レポート 「対歩行者被害軽減ブレーキ」 | トップページ | 編集女子のCARトップ取材裏レポート 「1600kmツーリング」 »