« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月28日 (木)

テムザックはどこへ行くのか?

 テムザック、ロボットの開発・製造・販売を行なう福岡の会社です。以前もこのコーナーで何度か紹介しています。

 超小型モビリティ「KOBOT」(コボット)のコンセプトモデルを2011年の東京モーターショーに出展。その後は、3台を登場させ、その後は、福岡県糸島市と宗像市で実証実験を行なっていました。

 実証実験はなんとなく終了した感じになっていて、このプロジェクトも終了したのかと思っていましたが、今回、「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」(東京ビッグサイト/2017年9月27日~29日/主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)の会場で、再びそのテムザックの乗り物に遭遇しました。

Robotic_activechair_rodem
 今回遭遇したのは、福岡県ロボットシステム産業振興会議ブース。そこでお披露目されていたのが、Robotic Activechair RODEMというモデルです。

 2009年に発表した車イスロボットRODEM(コンセプトモデル)の進化版のようです。基本的には跨り型を踏襲し、車イスやベンチなどから、そのままお尻をずらして乗り込むことができ、移動はジョイスティックでコントロールするというものです。

 2014年に欧州の基準適合マークであるCE マーキングを取得。デンマークの介護・福祉施設、高齢者住宅、リハビリセンターなどで、実証実験を実施した後、このRobotic Activechair RODEMというモデルになったということです。

 現在は国内での使用を考え、国内適合のための作業を進めているということですが、なかなか国内での使用のハードルは高いようで、厳しいということです。ただ、屋外使用も想定した仕様を考えているようですから、ちょっと期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

4億円でも購入希望者続出?

 先日開催となったドイツのフランクフルトで開催されたフランクフルト・モーターショー。世界最大のモーターショーと言われ、東京モーターショーと同じように2年に1回開催となります。

 開催が東京モーターショーと同じ年であり、東京モーターショーよりも若干早く開催されるため、各社の今年の動向を見たり、東京ショーに出展のないメーカーを確認したりするのに絶好のイベントともいえます。なので多くの日本人メディアも現地入りをしていました。

Iaa_mercedes
 もちろん、本場ドイツだけに、フォルクスワーゲン、メルセデス、BMWといった地元企業のブースは「ホール丸ごと」という使い方をしており、その展示車両数を考えただけでも半端ない大きさとなっています。

Aspark001
 さて、今回の本題は、このフランクショーで突如お披露目となった日本の企業のコンセプトカーです。それが、このAPARK のOWL(アウル)です。圧倒的な速さを持つクルマということで、0→100km/hを2秒以下で走る、ということを開発目標とした電気自動車です。まだ試作車ということですが、現時点で2秒を切っている、ということです。

Aspark002
 発売は2年後、価格は350万ユーロを予定ということでしたが、すでに「この実車をよこせ」というお客さんがやってきている、ということです。あるところにはあるんですねぇ…。

 このOWLについて、詳しくはWEB CARTOPをご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

トヨタの新しいスポツカ—ブランド『GR』が誕生!!

本日トヨタから新しいスポーツカーブランドが誕生した。

 詳しくはWEB CARTOPの記事をご覧いただきたいが、月間XaCAR誌が追いかけてきた「G’s」「GRMN」「GAZOO Racing」の集大成となっている。

 

WEB CARTOP
Gr

 

 XaCAR編集部ではGRの誕生を記念して、土屋圭市さんや桂伸一さんのインプレッションを盛り込んだ、特別号を明日より発売します。こちらもどうぞご覧ください。

 

トヨタ・ガズー・レーシングの本気
GRMN/GR/GR SPORT最強の11台が登場する!!

 

GR magazine Vol.01(9月20日発売)
20170921gr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

童夢のチーターと学生フォーミュラの関係

 レーシングドライバーの織戸 学選手とレーシングカーのコンストラクターである童夢との共同プロジェクト、『Cheetah(チーター)』のプロトタイプ1号機が学生フォーミュラの会場に展示されていました。

Cheetah01
 ドライバーを守る安全性が高く、そして、トヨタ・ハイエースに入る、小さく高性能で、ランニングコストがあまりかからず、ドリフト競技に使えるような、スライドコントロールのトレーニングができる、大人が楽しめるマイクロ・フォーミュラですね。市街地のカートコースや特設広場など、都市型アミューズメント施設での走行も可能というコンセプトです。

 ドライバーをしっかり守ってくれそうなパイプフレームにカーボンのパーツもしっかり採用したモデルで、バイク用のエンジンを搭載の3ペダルモデルです。昨年末にシェイクダウンし、年明けのオートサロンなどでお披露目されていたので、各種メディアなどで見かけた方も多いでしょう。

 で、それが学生フォーミュラの会場に。よくよく見るとこのチーターと学生フォーミュラのマシン、非常にサイズが似通っていることに気がつきます。思わずそれように作られたマシンでは? と思ってしまうほど。

 このチーターの試作1号機のサイズはホイールベースが1800mm、3サイズが全長2600×全幅1200×全高1100(mm)。学生フォーミュラに出場する車両の中には似たようなサイズのマシンもあります。ただ、学生フォーミュラのマシンに比較して、チーターは車重が重過ぎるようです。車両が重いのは、安全性を高くして、それでいて安く仕上げるために汎用品を多く取り入れているから、ということです。実際に学生フォーミュラと張り合うとなれば、そういったことを全て見直す必要がある、とも。

Cheetah02
 ただ、学生には好評のようでした。そもそものサイズが似通っているわけですし、そして童夢が手がけたマシンですから、フレームワークからボディカウルの造形まで、参考になる部分は多いでしょう。もちろん、その企画発案の織戸選手も来場し、二日間に渡って学生たちとの交流を楽しんだようです。

 このチーター、基本的には展示のみ。せっかくこの場にあって、織戸選手がいるのなら、学生フォーミュラのマシンと一緒になって展示してみたり、昼の空いた時間を使ってコースをデモンストレーション走行できれば、さらに面白いんですがねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

ドリフトマッスル、そのタイトル争いは…

 ドリフトマッスルの第4戦間瀬が、去る9月10日に、新潟にある日本海間瀬サーキットで開催となった。今回も過去最多のエントリーを集め、注目される一戦となったが、フタを開けてみれば、実力派のD1ドライバー、箕輪慎治選手

(#23 HEY!MAN ツアラー)

がきっちりと勝ち上がって、今季2勝目を挙げることとなった。

Dm4_01
 ドリフトマッスルは、シリーズ全5戦で行なわれるが、残るは最終戦日光のみ。この間瀬戦を終えてシリーズランキングを見てみると、ランキングトップの前田 翼選手

(#74 ZESTINO オディエイティー)

が、今回の間瀬でもしぶとく残って3位に入っており、その座を守り切っている。

Dm4_05_74maeda
 一方、なかなか間瀬では上位に上がれない平岡英郎選手

(#777 MAD FACE FD3S

は間瀬戦11位という結果で、ランキングポイントでも2位から4位へと大きく後退。タイトルの可能性はなくなった。

Dm4_04_7oogane
 ここで躍進を遂げたのが、間瀬戦で優勝、そして準優勝をした2名。箕輪選手はランキングを一つ上げ、ポイント差は13と3ポイント詰めてきた。準優勝の大金良隆選手

(#7 MAD FACE FD3Sもランキングを一つ上げ、23ポイント差で3位につける。

Dm4_07
 各選手のレベルが非常に上がってきているドリフトマッスル、まだ何が起こるかわからない。最終戦は、日光サーキットで10月28日(土)、29日(日)に開催。ドリフトマッスルの最後の王者を決める一戦になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

新型スイフトスポーツ登場と同時に発表されたのは

 日本国内でも発表となったスズキの新型スイフトスポーツ。その国内発表直前にワールドプレミアとしてお披露目されたフランクフルトモーターショー2017(2017年9月12日~)でも多くのメディアの注目された1台でした。

Swiftsport01
 そのスイスポをメイン展示しているスズキブースの脇には、スズキ関連のTシャツやロゴ入りの各種グッズを取り扱うコーナーが設けられています。そのグッズの中にはもちろんクルマ好きにはたまらないミニカーも用意されています。

Swiftsport02
 そのミニカー群に、よく目を凝らしてみると、なんと先ほど発表されたばかりの新型スイフトスポーツのミニカーもすでに登場しています。

Swiftsport03
 さらによくよ~く目を凝らしてみると、なんと左ハンドル仕様です。そうなんです。このミニカーも現地の仕様に合わせているようなのです。日本国内仕様はもちろん右ハンドルで登場するということですよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

ドリフトマッスル第4戦 間瀬大会今週末開催

 土屋圭市さんと稲田大二郎さんが立ち上げたドリフトマッスル、そのファイナルシーズンとなる2017シーズンも全5戦中の3戦を消化。つまり、ドリフトマッスルとして最後のタイトルを掛けた争いも残り2戦となります。そして今週末には早くも第4戦を迎えることとなります。その第4戦は、新潟県にある日本海間瀬サーキット。

Dm04_smdriver
 9月4日現在のエントリーリストによると、今回の間瀬大会は、スーパーマッスルクラス31台、マッスルクラス30台という過去最大数の間瀬戦となります。

Dm04_maeda
 ポイントランキングでは、第2戦名阪でスーパーマッスル初優勝を飾った前田 翼選手(#74 バーダルオディエイティーwithゼスティノタイヤ/60Points)がトップ。平岡英郎選手(#777 MAD FACE FD3S/49Points)と、今シーズン開幕戦を制している箕輪慎治選手(#23 HEY MAN!! マークⅡ/44Points)、前戦菅生で初勝利の大金良隆選手(#7 MAD FACE FD3S/36Points)、まだ勝ちのない神谷幸助選手(#72 神谷 S14/32Points)がこれを追っており、例年以上にシリーズタイトル争いも混とんとしています。

Dm04_hiraoka
 ドリフトマッスル第4戦間瀬大会は、日本海間瀬サーキット(新潟県新潟市西蒲区間瀬610)で、9月9日(土)はマッスルクラス予選単走・決勝追走トーナメント。そして、チャレンジビギナークラスの走行会。9月10日(日)はスーパーマッスルクラス公式練習・公式予選・追走トーナメント。そしてチャレンジエキスパートクラスの走行会が開催となります。今回も10日にはドライバーサイン会や豪華賞品が当たる優勝者当てコンテストも開催予定。両日ともに入場料は1500円(高校生以下は無料。駐車料金:無料)となっています。

 週末の天気は大丈夫そう。ぜひ観戦に出かけてみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »