« トヨタの新しいスポツカ—ブランド『GR』が誕生!! | トップページ | テムザックはどこへ行くのか? »

2017年9月22日 (金)

4億円でも購入希望者続出?

 先日開催となったドイツのフランクフルトで開催されたフランクフルト・モーターショー。世界最大のモーターショーと言われ、東京モーターショーと同じように2年に1回開催となります。

 開催が東京モーターショーと同じ年であり、東京モーターショーよりも若干早く開催されるため、各社の今年の動向を見たり、東京ショーに出展のないメーカーを確認したりするのに絶好のイベントともいえます。なので多くの日本人メディアも現地入りをしていました。

Iaa_mercedes
 もちろん、本場ドイツだけに、フォルクスワーゲン、メルセデス、BMWといった地元企業のブースは「ホール丸ごと」という使い方をしており、その展示車両数を考えただけでも半端ない大きさとなっています。

Aspark001
 さて、今回の本題は、このフランクショーで突如お披露目となった日本の企業のコンセプトカーです。それが、このAPARK のOWL(アウル)です。圧倒的な速さを持つクルマということで、0→100km/hを2秒以下で走る、ということを開発目標とした電気自動車です。まだ試作車ということですが、現時点で2秒を切っている、ということです。

Aspark002
 発売は2年後、価格は350万ユーロを予定ということでしたが、すでに「この実車をよこせ」というお客さんがやってきている、ということです。あるところにはあるんですねぇ…。

 このOWLについて、詳しくはWEB CARTOPをご覧ください!

|

« トヨタの新しいスポツカ—ブランド『GR』が誕生!! | トップページ | テムザックはどこへ行くのか? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/71776591

この記事へのトラックバック一覧です: 4億円でも購入希望者続出?:

« トヨタの新しいスポツカ—ブランド『GR』が誕生!! | トップページ | テムザックはどこへ行くのか? »