« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

次世代ブレーキが見られる東京モーターショー

 東京モーターショー2017に出展している曙ブレーキ工業ですが、今回の東京モーターショーでは「MR流体(Magneto Rheological Fluid)ブレーキ」というブレーキの試作品を出展していました。

Akebono01
 これは、既存の摩擦ブレーキとは大きく異なる構造のもので、展示されていた試作品も、ブレーキというよりはモーターのケースのようにも見えます。

 MR流体とは、磁気に反応して特性が液体から半固体へと変化する流体のことで、すでに1960年代から研究されてきているもののようです。磁場を加えることで、液体の中に入っている強磁性体粒子(鉄粉)が磁界方向に整列して半固体化するというもの。

Akebono03
 この固体化した鎖状粒子クラスターがせん断変形を受け崩壊されることで発生する抵抗力が、そのまま制動力になるということで、ブレーキ自体はこのケース内で完結しており、摩耗粉やノイズを出さない上に、ブレーキフルードも不要なため、パッド交換やフルード交換といったメンテナンスも不要で、環境にも優しいブレーキとなるようです。

Akebono02
 さらに、制動力は、磁界を発生させるために電磁石のコイルに流す電流に対し数ms(ミリセカンド=1000分の1秒)で反応し、電子制御装置で電圧(起磁力)を直接コントロールできるため、細かな制御ができる、としています。またインホイールモーターなどとの組み合わせに対してもケース内での磁界の制御に留まるとして有効のようです。

 まだ、通常時の引きずり等の課題が残っているようですが、2020年の実用化を目指しているということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

今度の充電ケーブル巻取り装置は、自宅用?

 2年に一度、開催される東京モーターショー。45回目となる東京モーターショー2017も、10月27日から11月5日までの10日間、東京お台場にある東京ビッグサイトで開催となります。WEB CARTOPでは、一般公開を前にお披露目された情報を中心に各ブースの情報を随時アップしています。ぜひチェックしてみてください。

 こちらではWEB CARTOPではカバーしきれない、ちょっとニッチな情報を紹介します。

Molitec07
 このコーナーでも何度か紹介している、ケーブル自動巻取り式充電スタンドを開発しているモリテックスチールが、今回東京モーターショーに初出展していました。コードリールを内蔵したこの巻取り式スタンドは、ケーブルが絡まないし、手も汚さずに簡単に収納できるモデルで、無課金・コイン課金・認証課金の3タイプの普通充電器をラインナップしています。

Molitec01 Molitec04
 今回、西ホールに出展となったこのモリテックのブースでは、見慣れない、散水用のホースリールのような(失礼!)充電ケーブル収納が参考出品されていました。それもなんと2種類。

Molitec03 Molitec05
 もちろん、電線を巻き取る技術の老舗メーカーですから、この2台とも、コードリールを内蔵しています。この2種類というのは、巻取りの操作別に手押しタイプと足踏みタイプの2種類を出品しているわけです。とかく汚れやすい充電ケーブルですから、手を汚さずに、絡ませることなくすっきり収納できるっていいですよね。

Molitec06
 他には、従来からあるケーブル自動巻取り式充電スタンドに倍速モデルを参考出品していました。こちらは、従来型(200V/3Kw仕様)よりも充電時間を短くすることができる倍速仕様(200V/5Kw仕様)で、ケーブル類も従来モデルより若干太くなっており、ケースの奥行き(374mmから394mm)も長くなっています。さらに自宅の玄関に設置するポール型も参考出品されてました。こちらは外側(道路側)に表札やインターホン、さらにはポストの機能を付け、裏側(敷地内側)に普通充電器と屋外用の100Vコンセントを備えるというものでした。なかなかのアイデア商品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

ドリフトマッスル最終戦、今週末日光サーキットで開催

 今季限りで、その名称の使用が終了となるドリフトマッスル。その最後のドリフトマッスル王者を決める最終戦となる日光ラウンドが、今週末に開催される。

Driftmuscle
今シーズンはエントリー台数が多いシーズンであったが、今回もそのエントリー台数は、スーパーマッスルクラスで29台、マッスルクラスで30台となっており、チャレンジエキスパートおよびチャレンジビギナークラスもそれぞれ26台ずつと、非常に参加台数の多い一戦となりそうだ。

Tsubasamaeda
スーパーマッスルクラスでは、前田 翼選手(#74 ZESTINO オディエイティー/RPS13)が82ポイントでランキングトップ。それを追いかけるのは、13ポイント差で箕輪慎治選手(#23 HEY!MAN ツアラー/JZX100)、そして23ポイント差の大金良隆選手(#7 MAD FACE FD3SFD3S)。タイトル争いはこの3選手に絞られている。

Hisashisaito
マッスルクラスでは、斎藤久史選手(mature with 宮精機/RPS13)が72ポイント、そして野島卓弥選手(B-style サバビア/S13)が71ポイントと僅差で競っており、さらに齋藤 航選手(Saito rollcage & Yaguchi autoS13)が63ポイント、加藤 諒選手(MJ シルビア/S14)が60ポイント、さらに米内寿斗(ガレージTSR 180SXRPS13)が46ポイントと、5選手がまだタイトルの可能性を残している展開。

 どちらのクラスも見逃せない一戦となりそうだ。ドリフトマッスル第5戦は1028日(土)にマッスルクラス決勝、29日(日)にスーパーマッスルクラス決勝が行なわれる。どちらも日光サーキット(栃木)での開催。入場料は各日ともに、お一人1000円(中学生以下無料 当日は年齢確認の為、学生証を持参のこと)となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

東京モーターショーナイト本日開催

 東京モーターショーも、いよいよ来週からと近づいてきました。秋葉原の書泉ブックタワーでは、『東京モーターショーナイト 2017』というイベントが本日開催されます。CARトップ編集部からは総編集長の城市と編集長の加藤が参加、ベストカーの本郷編集長、そしてゲストはモータージャーナリストの藤島知子さんです。

 われらがアイドル要さえこさんが進行を担当、モーターショーのチケットなどが当たる抽選会もありますよ。

 東京・秋葉原の書泉ブックタワー9階で、本日19日(木)午後7時から(開場6時40分)8時30分まで予定
 ●参加券が必要ですので、事前に5階でもらってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

恐るべし土屋圭市62歳。とてもじゃないけど密着しきれません!

 9月から10月にかけて、ドリキンこと土屋圭市さんの密着取材というお題がありました。9月9日-10日に日本海間瀬サーキットでドリフトマッスルの第4戦があり、その翌週末(9月15日)に、フィリピンのクラークサーキットでドリフトのデモンストレーションをやるというので、そこを中心に密着して土屋圭市の魅力を探るという企画です。

Driftking001
 もちろん毎月恒例のCARトップ誌の取材もあるし、月末にはFIAインターコンチネンタル・ドリフティングカップ、10月はスーパーGTのタイ戦もありますからね、けっこうな頻度で土屋さんに会えるから、と思っていたのですが、これがなかなか大変。

Driftking002
 密着といっても、のんびりしている感じはありません。ドリフトマッスルでは審査をしていますし、フィリピンでは、同乗走行に取材対応、そして表彰式のプレゼンターと大活躍。

Driftking003_2 Driftking004_2 Driftking005
 おまけに、フィリピンの後は中国・北京でドリフトレッスン。日本へ帰ってきて、本誌ロケの後はFIAのドリフト2日間なんですが、両日ともに開会宣言担当、そして初日は各メディアへの取材対応、2日目はTV収録、さらに表彰式ではプレゼンターも担当。それが終わると今度はタイへ出発です。

Driftking006 Driftking007 Driftking008
 SUPER GTタイ戦(10月7-8日)を前に、バンコクのオートバックスでのイベント、GTのレースが終わったら帰国かと思いきや、そのままタイに居残りで、今度はHONDA技術研究所タイランドでトークショー&サイン会、さらにバンコクで、モデューロ試乗会。その後はオーストラリアへ向かい、シドニーモーターパークでワールドタイムアタックとオーストラリア・ドリフトGPへ、と、ほんと休みナシ、です。

 残念ながら、全部について回るのは、さすがに無理、です。もう完全に白旗です。

Driftking009
 こんなにハードに動き回っているのに、時間を見つけてはツイッターなどへの返信も欠かさないし、もちろん現地でのファンへの丁寧な対応とか、ほんと、すごいなぁとしか言いようがありませんね。

Driftking010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

ドリフト世界一決定戦に登場した、クラッチボタンが4つもあるドリフトマシン

 9月30日(土)、10月1日(日)の2日間、FIA インターコンチネンタルドリフティングカップが東京・お台場の特設会場で開催となりました。

 これは世界の選手権大会を認可しているFIA(国際自動車連盟)が公認するイベントで、F1、WRC、WEC、WTCCと同様に開催される史上初のFIA公認ドリフトイベントということとなります。競技は両日ともに、午前中に単走、そして午後に追走の決勝が行なわれ、両日ともにそれぞれの勝者が決まり、2日間での総合優勝は、初日追走優勝、2日目追走2位に入った川畑真人選手(#13 TOYO TIRES GLION TRUST RACING/日産GT-R)の頭上に輝きました。

Jzx81hoshino001_2
 追走決勝の前の時間を使い、おもしろいドリ車がデモランをするというコーナーが設けられていました。ターボを4つ装着したうえに、ジェットエンジンまでも搭載した車両や、ミニバン(初期型セレナ)のドリ車も登場しました。

Jzx81hoshino002
 そしてもう一台が星野勝志さん(38歳)のトヨタ・マークII(JZX81)。一見何の特徴もないドリフト仕様の車両のように見えますが、このドリ車は、手動装置だけでドリフトできるようになっています。

Jzx81hoshino004
 この星野さん、先天性の関節拘縮症で、膝と足首が曲がらない。そのため、本人も高校時代まではクルマに乗ることも全く考えていなかったようです。ところがあるきっかけでドリフトを知り「ドリフトがしたい」ということで、自動車免許取得を目指したところ、適性試験で、AT(オートマ)限定という条件が付与されてしまいました(現在もAT限定免許です)。

 3ペダルでドリフトをするつもりで来たようで一度は落胆はしたのですが、AT車でドリフトできるということで、シルビア(PS13)でドリフトマッスル他各種大会にも出場しているようです。

 両下肢機能障害で、ペダル操作ができないということで、ドリフト走行中は常に片手だけで運転となります。

Jzx81hoshino003
 で、今回登場したこのマークII。マニュアル・ミッションを搭載してます。まず、スマホとリンクをさせることで、スロットル制御(常に半クラ状態にスタンバイ)する設定となっています。これでアクセル操作をしなくてもエンストをしない状態となっています。そしてシフトノブにはクラッチを切るボタンがついており、シフト操作はこのボタンを押してギヤ選択し、クラッチ・ボタンを離しても、スロットル制御されているので、エンストはしません。サイドブレーキ(シフトレバーの前にある一番背の高いレバー)にもクラッチ・ボタンを装着し、ブレーキを掛けた際にエンストをしないようにしてあります。

Jzx81hoshino005_2
 アクセルとブレーキ操作は、操作ノブを前に押すとブレーキ、後ろに引くとアクセル操作となる手動運転装置(ニッシン製APドライブAM996)を使用。本来ブレーキロックスイッチとなるスイッチを、ドリフトマシンならではの「クラッチを蹴る」ため、クラッチ・ボタンに変更。さらに上肢の一部にも症状が出ていることもあって、おしゃぶり型のセンサーも用意しています。このセンサーを噛むことでもクラッチを操作できます。都合4つのクラッチスイッチを持っている車両なのです。星野さん曰く「旋回ノブにもクラッチボタンを増設したい」とのことです。

 この星野さん、HCDM(ハンディ・キャップ・ドリフター・ミーティング)と名付けたイベントを主催するなどさまざまな活動を行なっている非常にアクティブな方でした。今後の活躍にも期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »