« ジャパンラリークロス シリーズ化に向けて? | トップページ | ホンダ・スポーツEVコンセプトはどんなクルマか »

2017年11月17日 (金)

高校生が作ったクルマがファイナルへ進出していた?

 連日お伝えしているジャパンラリークロスですが、大谷皇就(こうな)選手という若干17歳という若者が、9名が参戦したD2クラスへ、自らの手がけた自身の車両で参戦していました。で、きっちりと勝ち上がり、ファイナルの6名の枠に残り、新井敏弘選手、鎌田卓麻選手、柳澤宏至選手、大橋逸夫選手、、谷田川敏幸選手らとともにファイナルヒートを走り切りました。

Otani02
 この大谷選手。父親は、パイプフレームで組んだボディにエンジンをリヤミッドに搭載した4WDのD車でダートトライアル地区戦に参戦する大谷竜三選手です。もちろん家業は整備工場(島根県浜田市にある渡洋自動車整備工場)。保育園児のころには、竜三選手とともに全日本のシリーズを転戦したようです。

 現在は高校2年生です。もちろん、まだ免許は取得していません。そのため、公式戦への出場はしていないのですが、私有地やTSタカタサーキット(広島県)で練習を重ねているようです。

Otani01
 このインプレッサは父親の友人から譲り受けたもので、メンテナンスからチューンナップまですべて自分で手を入れているということです。これまでにもサンバーをベースにフレームとエンジンだけにして、とクルマを作っているらしく、このインプレッサも工場に転がっている部品(父親がストックしていたパーツ?)を使用して作っているということです。父親の仕事の見よう見まねで、溶接はもちろん、エンジンのOHもすべて自分でやっている、ということです。

Otani03
 今回このエビスサーキットでの走行は初めてだということでしたが、見事ファイナルまで駒を進めました。それもファイナルのグリッドは3番手!

Otani04
 さすがに、ファイナルヒートの前に降り出した雨の影響で、路面状況は大きく変わったこともあり、引き出しが多いベテランの後塵を拝することとなってしまいましたが、ドライ路面でのファイナル3番手進出の成績は立派です。

 本人はダートラをやっていきたいと言いつつも、ダートラだけでなく、ドリフトやタイムアタックなども練習しており、すべてのカテゴリーをやってみたいとも。今後の活躍に期待したいですね。

|

« ジャパンラリークロス シリーズ化に向けて? | トップページ | ホンダ・スポーツEVコンセプトはどんなクルマか »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/72236159

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生が作ったクルマがファイナルへ進出していた?:

« ジャパンラリークロス シリーズ化に向けて? | トップページ | ホンダ・スポーツEVコンセプトはどんなクルマか »