« ドリフトマッスル、ついに終了 | トップページ | 急速に認知度UPのゼスティノタイヤ »

2017年11月 6日 (月)

どんなラリードライバーよりもモリゾウ?

 2週連続の台風直撃だった10月後半の週末から一転、11月最初の週末は、いい天気に恵まれましたね。各地でさまざまなイベントが開催されましたが、愛知県新城市周辺では、11月4-5日にわたって、全日本ラリー選手権第9戦 新城ラリーが開催されました。

Shinshiro1
 新城ラリーは県営新城総合公園を拠点として、長篠・設楽ヶ原合戦の史跡として有名な新城市周辺のワインディングロードを舞台に争われるターマックラリーで、2017シリーズを締めくくる最終戦となります。トップクラスのJN6クラスのチャンピオン争いは、勝田範彦&石田裕―組と、新井敏弘&田中直哉組の2組がタイトルを掛けて戦うこととなり、この新城を制した勝田組が優勝しています。

Shinshirotalkshow
 トヨタを始め、三菱自動車やスズキ、デンソー、アイシンといった自動車関連会社の地元も近く、さらに新城に工場を持つ横浜ゴムなどの自動車関連企業も多数集積していることもあって、毎年5万人以上が訪れる一大イベントです。多くの企業も大応援団を引き連れて来場、そして企業バスをシャトルバスとして提供するなど協力もしています。

Shinshiro_morizou
 さて、そんな新城ラリーでは、豊田章男社長ことモリゾウさんもこれまで何度も来場することがありました。そしてもちろん今年も突然来場。さっそくドライバートークショーに飛び入り参加するなど新城ラリーを楽しんでいるようです。

Shinshiro_morizou2
 トークショーが終わって降壇したところ、サインや写真を求める非常に多くのギャラリーに取り囲まれました。もう、グチャグチャです。日本のトップ企業の社長でこんな状態になる人はいないでしょうし、勝田選手でも世界チャンピオンの新井選手でもここまでの人垣になることはあるでしょうか? モリゾウさん人気ってすごいですね。

|

« ドリフトマッスル、ついに終了 | トップページ | 急速に認知度UPのゼスティノタイヤ »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/72147933

この記事へのトラックバック一覧です: どんなラリードライバーよりもモリゾウ?:

« ドリフトマッスル、ついに終了 | トップページ | 急速に認知度UPのゼスティノタイヤ »