« 日本でもラリークロス開催? | トップページ | ジャパンラリークロス初開催を前に、練習走行開催 »

2017年11月10日 (金)

光岡Ryugi(流儀)シリーズがマイナーチェンジを受ける

 光岡自動車のラインアップの中で、コンパクトセダンの「ビュート」とフルサイズセダン「ガリュー」の間に位置するミディアムクラスセダンである「リューギ」 、そして「リューギ ワゴン」がマイナーチェンジを受けた。

Ryugi01
 
今回のマイナーチェンジは、ベース車両となるトヨタ・カローラアクシオおよびカローラフィールダーをがマイナーチェンジを受けたことによるもので、予防安全装備の充実がメインとなる。

Ryugi02
 
リューギは、2014年に登場。リューギワゴンが20161月にラインナップに加わっている。縦型の大型ラジエターグリルと丸型ヘッドランプ、メッキバンパーを装備したクラシカルなイメージの1台。「ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル」という意味の「流儀」がその車名の由来となる。1台生産するのに約40日間をかけて、職人が手作りで作業。光岡自動車のラインアップでは初となるハイブリッドモデルもラインナップする。

Ryugi03
 
アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を新設定。また予防安全技術「Toyota Safety Sense C」を標準装備。そしてクルーズコントロールも新設定する。

Ryugi04
 
今回、このマイナーチェンジに合わせて、ボディカラーに、クールボルドーガラスフレーク(セダン・ワゴンとも)、アバンギャルドブロンズメタリック(セダンのみ)という新色2色をセダンに追加する。

 販売価格は税込みで、リューギは2411640円(15ST5MT・2WD)~3391200円(HYBRID/電気式無段変速機・2WD)。リューギワゴンは253440円(15ST5MT・2WD)~345600円(HYBRID/電気式無段変速機・2WD)となる。期間限定の特別仕様車「リューギモダン」は、3005640円~3985200円。このマイナーチェンジを受けた新モデルは、20171110日から全国一斉発売となる。

|

« 日本でもラリークロス開催? | トップページ | ジャパンラリークロス初開催を前に、練習走行開催 »

ハイブリッドカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/72176567

この記事へのトラックバック一覧です: 光岡Ryugi(流儀)シリーズがマイナーチェンジを受ける:

« 日本でもラリークロス開催? | トップページ | ジャパンラリークロス初開催を前に、練習走行開催 »