« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月25日 (月)

CARトップ企画「1000kmツーリング」、今年最後のロケも無事に終了

 CARトップ誌の好評企画である「1000kmツーリング」。これは気になる車種を実際に同じフィールドで比較試乗して、それぞれの車種がどのように異なるのか、そしてどのような評価となるのか、を実際に1000km~1500kmほど走行してチェックするというものです。

1000km001
 恒例企画ではあるのですが、実際にチェックをするのは、モータージャーナリストの五味康隆さんがテスターとなるのですが、同じフィールドへ比較車両を持ち込む必要があるため、テスター以外にドライバーが必要となり、比較車両が多くなればなるほど、大変です。

1000km002
 もちろん1000kmを走行するには、それなりの時間が必要ですので、2泊3日の行程となるのですが、五味さんのスケジュール調整、広報車両借り出しの調整、カメラマン、そしてドライバー人選、天候確認の上の目的地選定などなど、いろいろと調整も大変なわけで、それでもなんとか毎月連載企画として続けていること自体、すごいことなんです。

1000km003
 それでも、大きな事故もなく、無事に続けてこられているわけで、2017年最後の1000kmツーリングも、伊勢志摩の美しい景色を求め、なんとクリスマス直前のどこも大変混雑する中を走り抜けてきました。今回のテーマは「スポーツコンパクト」。この4台の比較をしてきました。詳しくは、年明け1月26日発売予定のCARトップ2月号で、どうぞ。誌面ではもっと美しいカットも多数入っていますよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

賑やかに行われた日本カー・オブ・ザ・イヤー授賞式

 2017-18年の第38回日本カー・オブ・ザ・イヤーはボルボのXC60に決定。輸入車が選ばれたためインポートカー・オブ・ザ・イヤーはなかったが、部門賞はイノベーション部門賞(トヨタ プリウスPHV)、エモーショナル部門賞(レクサスLC)、スモールモビリティ部門賞(ホンダN-BOX/N-BOXカスタム)が受賞した。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

次期WRXではとの声もあったスバル ヴィジブ パフォーマンス コンセプトについて聞いた

 スバルインタビュー動画がWEB CARTOPにアップされています。今回はスバル ヴィジブ パフォーマンス コンセプトについて、第一技術本部 技術開発部部長の佐瀬秀行さんと、商品企画本部 デザイン部主幹の河内敦史さんに、山本シンヤさんがお話を伺っています。

https://www.webcartop.jp/2017/12/181287

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドリフトマッスルに替わる新シリーズ、スケジュール発表

 昨日オフィシャルウェブサイトで正式に発表されました。
と言いつつも、すでに11月23日にそのスケジュールは発表されていましたし、いまだも富士スピードウェイでの開催の日程が未定の状態ですが…。

Dm2018schedule
 前回の発表から1戦が追加されました。今シーズンは全5戦で開催されていただけに、なんと2戦も増えてしまいます。開幕も早まって、なんと2月末の筑波サーキットからスタートということです。

 全7戦に2戦も増えたのですが、ポイント計算方法は6戦の有効ポイント制を採用予定ということですから、一発勝負のドリフト競技でありながら、ちょっとだけゆるくなりましたね。

【2018シーズンの開催日程】
Rd1  2月25日   筑波サーキット2000   
Rd2  3月24日25日 日光サーキット
Rd3  5月12日13日 名阪スポーツランド Cコース
Rd4  6月23日24日 スポーツランド菅生 西コース
Rd5  7月or8月   富士スピードウェイ
Rd6  9月22日23日 日本海間瀬サーキット
Rd7  11月3日4日   日光サーキット
※このスケジュールはあくまで暫定であり変更になる場合があります

Dm2018schedule2
 いまだに7~8月のどこかで、という状態で正式発表のない富士スピードウェイでの開催ですが、22日までに発表とのことです。また、新たな審査員につきましては1月中に発表予定のようです。

 しかし、ドリフトマッスルに変わる新名称のほうはいつ発表になるんでしょうかねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

TGRF、今年も元気に開催!

 トヨタのGAZOO Racingによるモータースポーツ活動をひとまとめにした祭典「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL(TGRF)2017」が、今年も2017年12月10 日(日)に富士スピードウェイで開催されました。天候が荒れた昨年とは違って、快晴の冬晴れの下、4万2500名の来場者を集めての開催です。

Tgrf2017
 世界耐久選手権を戦ってきたTS050に、世界ラリー選手権のヤリスWRCを筆頭に、SUPER GTのLC500、全日本スーパーフォーミュラ選手権のスーパーフォーミュラ、さらにGazooRacingの礎となったトヨタ7などのヒストリックカーまでが参加。

Tgrf201702
 今回は、モリゾウこと豊田章男社長が欠席となったものの、代わりに友山茂樹専務がウエルカムセレモニーの挨拶に立ち、小林可夢偉選手やエサペッカ・ラッピ選手から、平川亮選手、ニック・キャシディ選手、そして石浦宏明選手らGT&SFドライバーはもちろん、全日本ラリーから勝田範彦選手、新井敏弘選手、鎌田卓麻選手。ドリフトからはFIAドリフティングカップの初代チャンプ川畑真人選手に2017年のD1GPチャンピオンとなった藤野秀之選手らTeam TOYO TIRES DRIFTの面々がそろいました。

Tgrf201703
 イベントは、終日レーシングカーが走るレーシングコースのイベントを中心に、ドリフトコースやショートサーキットはもちろん、メインのピット裏にあるAパドック、さらにはいくつかの駐車場スペースを使用して走行イベントを開催。グランドスタンド裏のイベント広場ではオフィシャルステージでのトークショーから、ライブパフォーマンス、そしてギャルオンステージ、そして様々な物販ブースが並び、終日楽しめる仕掛けとなっていました。

Tgrf201704
 TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race、86/BRZ Race、そしてTGRF RALLY選手権といったレースも開催。もちろん、新旧、そして異競技マシンが同時に走行するシーンが見られるのもこういったイベントならでは。晴天に恵まれたこともあって、TGRF2017は、4万2500人(昨年比2500人増)だった、ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »