« 【PPIHC2018】パイクスピークのエントリーリスト出ました! | トップページ | 電気自動車レースシリーズ、9年目のシーズンのスケジュール公開 »

2018年1月26日 (金)

マッスルからキングダムへ

 今シーズンから、「ドリフトマッスル」に変わるイベント名として「ドリフトキングダム」という名称が発表されました。 「世界でわかりやすい名前」を、ということから、土屋圭市さんに自ら名付け親となったようです。

Kingdom
 稲田大二郎さんに代わる2人目の審査員には、現役トップドライバーの松田次生選手が加わることになりました。ちょっとびっくりですね。

Tsugiomatsuda
 さて、ドリフトキングダムに生まれ変わって、その競技内容は実際にどう変わるのか? この変更点について大きな変更点をまとめていきます。

 一点目は、シリーズポイントが有効ポイント制になったことです。今シーズンは全7戦が予定されていますが、そのうちの6戦のポイントでシリーズポイントが計算されます。そのため遠方での開催に参戦できない選手でもシリーズのタイトルを狙いやすくなります。
二点目は、タイヤの空気圧規定が入ります。冷間時で1.2kgf以上でないといけません空気圧を落としすぎることによるトラブルを防止するためです。競技の合間に空気圧チェックが入るようです。

 今までの「マッスルクラス」、「スーパーマッスルクラス」という区分でしたが、ドリフトキングダムでは「クラブマンクラス」と「プロクラス」という名称に変更になります。

Driftkingdom
 ドリフトマッスルでは、この2クラスのダブルエントリーが禁止でしたが、キングダムでは、そのルールが緩和されることになります。「クラブマンクラス」をメインに戦う選手でも「プロクラス」への挑戦が可能となりますこれは若手ドライバーに腕試しの場を提供したいという土屋さんの考えからです。

 さらにシリーズ賞金を分散しより多くの選手に賞金獲得のチャンスが訪れるようにという配慮もあります。

 まだ、第5戦の富士の詳細な日程が出されていませんが、暫定の開催日程は以下の通りです。

【2018シーズンの開催日程】
Rd1  2月25日   筑波サーキット2000   
Rd2  3月24日25日 日光サーキット
Rd3  5月12日13日 名阪スポーツランド Cコース
Rd4  6月23日24日 スポーツランド菅生 西コース
Rd5  8月中旬予定 富士スピードウェイ
Rd6  9月22日23日 日本海間瀬サーキット
Rd7  11月3日4日   日光サーキット
※このスケジュールはあくまで暫定であり変更になる場合があります

 ドリフトキングダムは、例年よりも1ヶ月早いシーズンインとなります。新しく生まれ変わって、どのようなシリーズになるのか期待したいですね 。

|

« 【PPIHC2018】パイクスピークのエントリーリスト出ました! | トップページ | 電気自動車レースシリーズ、9年目のシーズンのスケジュール公開 »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/72770735

この記事へのトラックバック一覧です: マッスルからキングダムへ:

« 【PPIHC2018】パイクスピークのエントリーリスト出ました! | トップページ | 電気自動車レースシリーズ、9年目のシーズンのスケジュール公開 »