« 【PPIHC2018】デュマ選手もついに電気自動車で挑戦 | トップページ | ドリキンのすべてがわかる一冊、大阪オートメッセで先行発売 »

2018年2月 7日 (水)

【PPIHC2018】ヌタさん、入りました!

 連日お届けしているパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2018(6月24日決勝)のエントリーに関するお話。エントリーリストが日々更新されています。

 現時点で1月18日の発表から4回目の更新です。当初は4輪69台、2輪28台の97台のエントリーだったものが、エントリーの取り消しなどもあって95台(4輪68台2輪27台)まで減っていました。

 ところが最新のリストには4輪が1台増えて96台に戻しました。さて、何が増えたのかなぁ、と思ってみてみますと、ありました。

2012toyota230
 タイムアタッククラスにゼッケン230、Fumio Nutahara/Japanと! 

 奴田原文雄選手といえば、2012年にTRD USAのEVで参戦。その後はTRDが制作したトヨタ86 TRD 14R-60で2016年に参戦しています。

Nutahara
 ところが今回出走するクルマは「2018 Nissan Leaf」とあります。パイクスピークに出るならTRDの車両とばかり思っていたのですが…。

 さて、2012年のPPIHCエレクトリッククラス優勝の経験がある奴田原文雄選手。リーフでどんな走りをするのか? それとも日産リーフはダミーで、実は他の車両で出走(車両変更)があるのか? まだまだ注目していきたいですね。

|

« 【PPIHC2018】デュマ選手もついに電気自動車で挑戦 | トップページ | ドリキンのすべてがわかる一冊、大阪オートメッセで先行発売 »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/72864594

この記事へのトラックバック一覧です: 【PPIHC2018】ヌタさん、入りました!:

« 【PPIHC2018】デュマ選手もついに電気自動車で挑戦 | トップページ | ドリキンのすべてがわかる一冊、大阪オートメッセで先行発売 »