« ドリフトキングダム、ついに開幕。ところで松田次生選手って | トップページ | 超小型&軽量の、折り畳み式電動原付バイク »

2018年2月28日 (水)

元ジムカーナチャンピオンもドリフトキングダム?

 ドリフトキングダム開幕戦では、多くのドライバーが参戦となりました。プロクラスに29名。そしてクラブマンクラスには20名(内ダブルエントリーは2名)となっています。

 大半がドリフトマッスルで走ってきた面々、とおもいきや、今回初参戦のドライバーの中にちょっと有名なドライバーを発見しました。

Dk1_tahara01
 それが田原 憲選手(#62 URG☆Winmax三共S14)です。全日本ジムカーナ選手権で4度のシリーズチャンピオンを獲得したことがある選手ですね。

 ざっくりと参戦経歴をひっくり返してみると、
  1998年~2001年A2クラス(ホンダ・シビック/EK9)
  2002年A3クラス(ホンダ・インテグラ/DC5)
  2003年N2クラス(ホンダ・インテグラ/DC5)
  2004年~2006年N3クラス(マツダRX-7/FD3S)
  2007年SA2クラス(マツダRX-7/FD3S)
  2008年N3クラス(ホンダNSX/NA2)
  2009年N3クラス(ロータス・エキシージ/GH-1117)
と全日本選手権でも様々な車両に乗っていることがわかりますね。最近は、ジムカーナにも出ていないようで、某社の某テストコースでのお仕事を淡々とこなしているそうです。

 ラジコンのパーツ開発もしていて、ラジコンの世界でもドリフトが流行っていることもあり、実車に落とし込んだら、実際のところどこまでできるのか?ってことを見せてやろうという思いで参戦を決めたようです。

 ドリフトキングダムのクラブマンクラスを選んだ理由は、この1年で結果を残したいということと、シリーズのライセンスの必要性がないことで決めたということです。完全なプライベート参戦なのですが、実車のドリフトの世界には明るくないということで、いろんな人に協力してもらった、ということです。

Dk1_tahara02
 結果は単走では、区間タイムも速く、審査員の評価点も高く2位で通過。決勝追走ではサドンデスに持ち込むものの敗退。先行ではしっかり逃げ切れるものの、後追いで寄せられないという感じでしたね。

|

« ドリフトキングダム、ついに開幕。ところで松田次生選手って | トップページ | 超小型&軽量の、折り畳み式電動原付バイク »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/73002200

この記事へのトラックバック一覧です: 元ジムカーナチャンピオンもドリフトキングダム?:

« ドリフトキングダム、ついに開幕。ところで松田次生選手って | トップページ | 超小型&軽量の、折り畳み式電動原付バイク »