« 元ジムカーナチャンピオンもドリフトキングダム? | トップページ | 【PPIHC2018】VWのパイクスマシン「I.D. R for Pikes Peak」 »

2018年3月16日 (金)

超小型&軽量の、折り畳み式電動原付バイク

 第16回国際オートアフターマーケットEXPO2018(東京ビッグサイト/314日~16日)に、201711月に販売がスタートしたこのスマートEVという電動原付バイクが出展されていました。

Blaze01
 このブレイズスマートEVは、折り畳み式の電動バイクです。3サイズは全長1200×ハンドル幅650×高さ950mmですが、折り畳むと全長600×ハンドル部350×高さ1200mmとなるようです。重量は約18㎏。フレーム部にリチウムイオンバッテリー(容量417.6Wh)を搭載しています。家庭用の100Vで充電が可能で、充電時間3.5時間で、航続距離30km/h定置走行テストで30kmを走行可能。最高速度は30km/hとなります。約5秒で折り畳みが可能。価格は128000円です。

Blaze02
 製造は中国で行なわれているようですが、中国製のEVを買い付けたわけではなく、日本国内で企画をし、実際に、耐荷重や電装、そして塩水試験など、さまざまな耐久試験を重ねて、日本国内の使用環境に合わせこんで開発した、ということです。

Blaze03
 現在、販売は順調のようです。話を聞いてみると、変わったところでは、大型トラックの運送会社などへの納入実績もあるようです。大型トラックの運転手さんは、初めての道路で道幅が怪しそうな場所では、事前に自転車等でルートを確認してから走行することが度々あるのだそうです。そのために折り畳み自転車を積んでいることが覆いそうなのですが、この折り畳みEVなら、負担軽減と積載性にも優れていることから好評なのだそうです。

|

« 元ジムカーナチャンピオンもドリフトキングダム? | トップページ | 【PPIHC2018】VWのパイクスマシン「I.D. R for Pikes Peak」 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/73110605

この記事へのトラックバック一覧です: 超小型&軽量の、折り畳み式電動原付バイク:

« 元ジムカーナチャンピオンもドリフトキングダム? | トップページ | 【PPIHC2018】VWのパイクスマシン「I.D. R for Pikes Peak」 »