« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月29日 (火)

GRスーパースポーツコンセプトとGRスープラ・スポーツコンセプトを徹底分析

 昨年の秋にトヨタの新しいスポーツカーブランド“GR”が発表され、その後、東京オートサロンではGRスーパースポーツコンセプト、ジュネーブショーではGRスープラ・レーシングコンセプトという風に立て続けにハイパフォーマンスマシンがベールを脱いだ。

1_2

 GR magazine Vol.02では、友山茂樹プレジデントによるGRスーパースポーツコンセプトについてのインタビューや、多田哲哉チーフエンジニアによるGRスープラ・レーシングコンセプトについてのインタビューを行っている。

2

2a_2

 これらGRの頂点ともいえる2台がどういうクルマなのか分析していくことで、GRはどこへ向かおうとしているのか見えてくると思う。トヨタは、本気でスポーツカーと向き合っているのだ。楽しいクルマが次々に発表されるGRから、しばらく目を離すことはできない。(XaCAR編集部・大野田)

20180420gr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復刻ホイールはちょっとだけ軽くなります。

 5月27日、好天の下で行われたマツダ・ロードスターのファンによるファンのための手作りイベント「軽井沢ミーティング2018」が今年も開催されました。

Karuizawamtg11
 このイベントはあくまでのファンによるイベントということですが、もちろん、マツダも非常に強力的で、毎回ファンをうならす展示や、トークショーが展開されます。今回は、発売から約30年となる初代NAロードスターの「NAレストアプロジェクト」の状況が説明されました。

Karuizawamtg12
 このレストアプロジェクトは「ロードスターを永く乗り続けたい」というオーナーの思いにマツダが応えたもので、2015年の11月に検討を開始。パーツの復活や継続生産の検討をし、2017年12月13日にこのレストアサービスの受付を開始。ちょうどいま、その記念すべき1号車目のレストア作業の真っ最中だということです。

Karuizawamtg13
 ここに至るまでが大変だったと、山本修弘アンバサダーはことあるごとにそう伝えています。今回の軽井沢ミーティングでも、このレストアプロジェクトについてのトークショーが行われましたが、そもそもメーカーとしては、どういったパーツがどのように欠品していることが、オーナーにとってどう大変なのか、といったところを実は認識できていないのだそうです。かといって、5000パーツ以上にも及ぶロードスターの部品をすべてのべつ幕なしに再生産するわけにもいかない。そこでロードスターを専門で扱うショップの情報は有効だったといっています。確かに、このパーツはほかで代用がきくが、これは無いとどうしようもない、という重要なパーツが必ずありますからね。またウインドウのガイドローラーがガラスとのアッセンブリでしか取り寄せられない、という問題もアッセンブリを解除するなど、対応も進んでいるようです。

Karuizawamtg14
 そんな中で現在150の部品が復活しているそうです。この後、アルミホイールも復刻されるようです。会場にその復刻中の1本が持ち込まれました。アルミホイールも当時の鋳造からMAT製法に変わり、表面の風合いも少し変わってしまったということで、センターキャップとの兼ね合いで現在はまだ最後の風合いの部分で、ホイールメーカーのエンケイと調整を重ねているそうです。でも重量も軽減できるそうです。ホイール4本で、このペットボトルの重量くらい(?)軽量化となるそうです。

Karuizawamtg16
 単純に復活できるものとは別に、なかなか大変なものも多いようです。アルミホイールに続いて、今回トークショーで例に挙げられたのが、フロアマットです。当時の生地も当時の太い糸もすでに調達は不可能になってしまっていて、当時と同じものができない、というのです。そのため、復刻版は、風合いが少し変わってしまっているのだそうです。


Karuizawamtg15
 そしてこのトークショーの最後には、会場限定4台で、塗膜検査を行うというサプライズのプレゼントも行われました。基本的には、錆が発生している車両、カスタマイズ部品装着車、そしてボディに修復歴がある車両は、(あくまでも現時点での)レストア作業は受付できないのだそうです。この最初の関門を通過できないとお互いに辛い状況になってしまいますね。レストア作業受付前の車両確認に使われる塗膜検査機器を使用し、実際の車両確認と同じように車両のチェックをしてました。これで修復歴がないとわかれば、レストア作業を受け付けてもらえるのだそうです。なかなかレストアへの道のりは大変なんですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

ロードスター祭り、今年も盛大に開催!

 2018年5月27日(日)、長野県にある軽井沢プリンスホテルのプリンススキー場駐車場で、マツダ・ロードスターが集結する「軽井沢ミーティング2018」が開催されました。この軽井沢ミーティングは1993年から続く、ある意味歴史あるオーナーイベントです。
Karuizawamtg01
 もちろん今回も、有志による実行委員会が中心となっての開催となり、早朝から数多くのロードスターが軽井沢に集結しました。
Karuizawamtg02
 一昨年のミーティングではロードスターRFが登場したり、マツダからもなかなか粋な計らいがなされていますが、今回もちょっと謎なNDロードスターが登場しました。詳細は何も語られませんでしたが、そのうちにわかるということなので、続報を待ちましょう。
Karuizawamtg03
 また、マツダからは、ロードスターアンバサダーの山本修弘さん、中山 雅主査ら総勢15名が参加しました。そしてもちろんロードスターの生みの親の貴島孝雄さんも駆けつけました。歴代主査3名がそろうというなかなか豪華なイベント、来年はロードスター誕生30周年だということで、さらなるイベントの盛り上がりに期待、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

RODEMは進化し続ける…

「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が5月23日から25日まで、横浜市のパシフィコ横浜で開催されています。このイベントに、ロボットの開発・製造・販売を行なうロボットベンチャーのテムザックが出展していました。それも試乗コーナー(体験展示)です。

Tmsuk_rodem01
 それがこの後ろから乗る形状の電動いす型ロボット、RIDE-ROID「RODEM(ロデム)」です。そのコンセプトは、ベッドから身体を反転させることなく乗り移ることができる電動モビリティ。シート高を調整してベッドからの乗り移りはもちろん、シートは前傾に上昇させることで作業もしやすい姿勢も維持ができます。

Robotic_activechair_rodem
 テムザックは、これまでずいぶんとこのコーナーで紹介してきています。前回は「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」(東京ビッグサイト/2017年9月27日~29日/主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)でアクティブチェア「ロデム」ということで紹介しましたが、今回のそれは、この時と比べるとだいぶ異なるモデルとなっていました。

Tmsuk_rodem03
 サイズは、全幅690×全長1000~1203×全高920~1254mm。座面高は400~785mm。重量は110㎏。4輪で駆動しますが、操作はジョイスティックもしくはBluetooth経由のスマートフォンによる遠隔操作。鉛バッテリー搭載で、最高時速6km、1回あたりの航続距離は約15kmとなります。充電時間は8時間。メーカー希望小売価格は98万円。

Tmsuk_rodem02
 このロデム、なかなか使い勝手もよさそうでした。こういった乗り物のニーズは高まっていますし、注目の一台となるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

人とくるまのテクノロジー展であのトロフィがやってきた!

 神奈川県・パシフィコ横浜で523日から25日まで開催となる「人とくるまのテクノロジー展2018」。その会場であるトロフィを見つけました。

Hre01
 それが、この写真。展示ブースは、「ノースカロライナ州経済開発機構」という仰々しい感じのブースです。その出展名の通り、もちろんノースカロライナのビジネス環境をPRするブースです。一方、ノースカロライナ州シャーロットといえば、NASCARの聖地です。NASCAR産業の中心地であり、チームの多くが本拠を構える地域です。

Nc
 長年ドライバーとしてNASCARに挑戦し、現在唯一の日本人チームオーナーとして参戦を続けている服部茂章さん率いる「Hattori Racing EnterprisesHRE)」もそのシャーロットにあります。

 そのHREは、2018シーズン、Brett Moffitt(ブレット・モフィット)選手を起用しトヨタ・タンドラ「#16 AISIN Group TOYOTA TUNDRA」でNASCARキャンピングワールド・トラックシリーズに参戦していますが、アトランタ・モーター・スピードウェイで開催となった開幕2戦目にして優勝。NASCAR史上初の日本人チームオーナーとして、3大NASCARシリーズの一つを制したこととなります。

Hre02
 
今回このブースに並んでいたトロフィはもちろん、その第2戦で贈られたトロフィそのもの。今最も熱いノースカロライナと日本との結びつきですね。このトロフィを生で見られるチャンスですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

CARトップ筑波アタックの撮影に新人スタッフが初めて参加

 五味康隆さんにトヨタGR86、トヨタLC500、スズキ・クロスビー、マツダCX-8、VWアルテオンの5台でアタックしていただきました!初めに五味さんと車のショットを撮影します。

Photo_5

 そしていよいよアタック開始! 一台終わる毎に五味さんにインプレッションをお聞きします。
Photo_6

 今回は五味さんの運転するM5に同乗させていただき、車内にて筑波アタックで何がわかるのか、筑波アタックへの思いなど貴重なお話をお伺いしました。

Photo_7

 

 M5に乗るのは初めてでしたが、上品な見た目とスポーティな走りのギャップに驚きました。また五味さんの運転からはハンドリングやライン取り、ペダルの使い方など学ぶことがとても多かったです。
 最後に車を一台一台撮影します。五味さんのインプレッションをお聞きした上で、それぞれの車のポイントを踏まえて撮影していきます。

 

Photo_8

 

 こちらで撮影は終了です。気になるタイムやインプレッションは、発売中のカートップ6月号に掲載されています。5月26日発売の7月号にはBMW M5、プジョー308、三菱エクリプスクロス、日産セレナe-POWER、ルノー メガーヌGTの予定です。みなさんご覧くださいね!(編集企画室・乾ひかり)

20180426ct_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

150台限定発売のVITZ GRMN公道インプレッションをいち早くお届け

 GR magazine Vol.02では、6月1日に150台限定販売されるVITZ GRMNの特集記事を展開している。Vol.01ではサーキットで、プロトタイプの試乗記事を掲載していたが、今回試乗したクルマは、ナンバーを取得したばかりの製品版である。箱根ターンパイクへクルマを持ち込んで、木下隆之さんと山本シンヤさんのインプレッションだ。

 

2a 2

1

 

 VITZ GRMNは、1.8L(2ZR-FE)のスーパーチャージャーエンジンを搭載し、212ps/250Nmのパフォーマンスを発揮する正真正銘のホットハッチである。サスペンションやボディ補強、シート、ステアリングにいたるまで、このクルマのために開発されたスペシャルな仕様になっているのだ。

3a 3

 

 細かなインプレッションは、誌面をご覧いただきたいのだが、試乗した二人はクルマをおりるときに、どちらも満面の笑みであった。メチャクチャ楽しいクルマに仕上がっていることは間違いない。(XaCAR編集部・大野田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

ドリフトキングダム第3戦名阪、今週末開催!

 今シーズンから生まれ変わってスタートしたドリフトキングダムの第3戦(5/12-13 DriftKingdom Rnd3 MEIHAN)が今週末に開催となります。

 第3戦の舞台は、奈良県にある名阪スポーツランド。このCコースの最終コーナーから1-2コーナーまでを使ったものが競技区間となります。左側にピットウォールがそびえるストレートから右・右へと巻き込んでいき、その後左・左へと続くコースレイアウトとなります。ここは、走り慣れている地元関西勢と、走りこんでいない非関西勢との走りの違いがよくわかるコースとなっています。

Meihan
 今季のキングダムですが、クラブマンクラスは金田ワグネル・ヒロミ選手、そしてプロクラスは箕輪慎治選手が、ともに開幕2連勝という、なかなか手ごわい展開となっています。シリーズ唯一の関西戦ですが、トップランカーの金田選手、箕輪選手ともに参戦が決定しており、名阪を地元とする関西勢がこれにどう立ち向かうのか、注目です。

Dk2_masuyamaminowa
 また、この名阪では毎回本戦以上に熱いデモンストレーションランを披露してくれる中村直樹さん率いる「チーム紫 エクストリームショー」が今回も開催されます(13日のみ)。こちらは必見ですよ~。

Teampurple
 審査を行うのは、もちろんドリキン土屋圭市審査委員長。松田次生審査員は残念ながらスーパーフォーミュラのため今回もお休み。しかし走行の合間に行なわれるドリフトキングダム恒例イベント、チェリオの「ライフガード無料サンプリング」、「プロドライバーサイン会」、子どもたちを対象とした「コースde宝さがし」といった来場者を対象とした人気イベントは今回もしっかり開催です。

Driftking  
 入場料は、前売り券1000円、当日券1500円(※中学生以下無料)。入場前売り券はイープラスで、5月12日(土)18時まで入手が可能。また、ドリフトキングダム(プロクラス)の模様はYouTubeライブにて配信予定。ぜひチェックしてくださいね。詳しくは公式H.P.まで



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »