« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月24日 (木)

人とくるまのテクノロジー展であのトロフィがやってきた!

 神奈川県・パシフィコ横浜で523日から25日まで開催となる「人とくるまのテクノロジー展2018」。その会場であるトロフィを見つけました。

Hre01
 それが、この写真。展示ブースは、「ノースカロライナ州経済開発機構」という仰々しい感じのブースです。その出展名の通り、もちろんノースカロライナのビジネス環境をPRするブースです。一方、ノースカロライナ州シャーロットといえば、NASCARの聖地です。NASCAR産業の中心地であり、チームの多くが本拠を構える地域です。

Nc
 長年ドライバーとしてNASCARに挑戦し、現在唯一の日本人チームオーナーとして参戦を続けている服部茂章さん率いる「Hattori Racing EnterprisesHRE)」もそのシャーロットにあります。

 そのHREは、2018シーズン、Brett Moffitt(ブレット・モフィット)選手を起用しトヨタ・タンドラ「#16 AISIN Group TOYOTA TUNDRA」でNASCARキャンピングワールド・トラックシリーズに参戦していますが、アトランタ・モーター・スピードウェイで開催となった開幕2戦目にして優勝。NASCAR史上初の日本人チームオーナーとして、3大NASCARシリーズの一つを制したこととなります。

Hre02
 
今回このブースに並んでいたトロフィはもちろん、その第2戦で贈られたトロフィそのもの。今最も熱いノースカロライナと日本との結びつきですね。このトロフィを生で見られるチャンスですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

CARトップ筑波アタックの撮影に新人スタッフが始めて参加

 五味康隆さんにトヨタGR86、トヨタLC500、スズキ・クロスビー、マツダCX-8、VWアルテオンの5台でアタックしていただきました!初めに五味さんと車のショットを撮影します。

Photo_5

 そしていよいよアタック開始! 一台終わる毎に五味さんにインプレッションをお聞きします。
Photo_6

 今回は五味さんの運転するM5に同乗させていただき、車内にて筑波アタックで何がわかるのか、筑波アタックへの思いなど貴重なお話をお伺いしました。

Photo_7

 

 M5に乗るのは初めてでしたが、上品な見た目とスポーティな走りのギャップに驚きました。また五味さんの運転からはハンドリングやライン取り、ペダルの使い方など学ぶことがとても多かったです。
 最後に車を一台一台撮影します。五味さんのインプレッションをお聞きした上で、それぞれの車のポイントを踏まえて撮影していきます。

 

Photo_8

 

 こちらで撮影は終了です。気になるタイムやインプレッションは、発売中のカートップ6月号に掲載されています。5月26日発売の7月号にはBMW M5、プジョー308、三菱エクリプスクロス、日産セレナe-POWER、ルノー メガーヌGTの予定です。みなさんご覧くださいね!(編集企画室・乾ひかり)

20180426ct_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

150台限定発売のVITZ GRMN公道インプレッションをいち早くお届け

 GR magazine Vol.02では、6月1日に150台限定販売されるVITZ GRMNの特集記事を展開している。Vol.01ではサーキットで、プロトタイプの試乗記事を掲載していたが、今回試乗したクルマは、ナンバーを取得したばかりの製品版である。箱根ターンパイクへクルマを持ち込んで、木下隆之さんと山本シンヤさんのインプレッションだ。

 

2a 2

1

 

 VITZ GRMNは、1.8L(2ZR-FE)のスーパーチャージャーエンジンを搭載し、212ps/250Nmのパフォーマンスを発揮する正真正銘のホットハッチである。サスペンションやボディ補強、シート、ステアリングにいたるまで、このクルマのために開発されたスペシャルな仕様になっているのだ。

3a 3

 

 細かなインプレッションは、誌面をご覧いただきたいのだが、試乗した二人はクルマをおりるときに、どちらも満面の笑みであった。メチャクチャ楽しいクルマに仕上がっていることは間違いない。(XaCAR編集部・大野田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

ドリフトキングダム第3戦名阪、今週末開催!

 今シーズンから生まれ変わってスタートしたドリフトキングダムの第3戦(5/12-13 DriftKingdom Rnd3 MEIHAN)が今週末に開催となります。

 第3戦の舞台は、奈良県にある名阪スポーツランド。このCコースの最終コーナーから1-2コーナーまでを使ったものが競技区間となります。左側にピットウォールがそびえるストレートから右・右へと巻き込んでいき、その後左・左へと続くコースレイアウトとなります。ここは、走り慣れている地元関西勢と、走りこんでいない非関西勢との走りの違いがよくわかるコースとなっています。

Meihan
 今季のキングダムですが、クラブマンクラスは金田ワグネル・ヒロミ選手、そしてプロクラスは箕輪慎治選手が、ともに開幕2連勝という、なかなか手ごわい展開となっています。シリーズ唯一の関西戦ですが、トップランカーの金田選手、箕輪選手ともに参戦が決定しており、名阪を地元とする関西勢がこれにどう立ち向かうのか、注目です。

Dk2_masuyamaminowa
 また、この名阪では毎回本戦以上に熱いデモンストレーションランを披露してくれる中村直樹さん率いる「チーム紫 エクストリームショー」が今回も開催されます(13日のみ)。こちらは必見ですよ~。

Teampurple
 審査を行うのは、もちろんドリキン土屋圭市審査委員長。松田次生審査員は残念ながらスーパーフォーミュラのため今回もお休み。しかし走行の合間に行なわれるドリフトキングダム恒例イベント、チェリオの「ライフガード無料サンプリング」、「プロドライバーサイン会」、子どもたちを対象とした「コースde宝さがし」といった来場者を対象とした人気イベントは今回もしっかり開催です。

Driftking  
 入場料は、前売り券1000円、当日券1500円(※中学生以下無料)。入場前売り券はイープラスで、5月12日(土)18時まで入手が可能。また、ドリフトキングダム(プロクラス)の模様はYouTubeライブにて配信予定。ぜひチェックしてくださいね。詳しくは公式H.P.まで



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ