« 人とくるまのテクノロジー展であのトロフィがやってきた! | トップページ | ロードスター祭り、今年も盛大に開催! »

2018年5月25日 (金)

RODEMは進化し続ける…

「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」が5月23日から25日まで、横浜市のパシフィコ横浜で開催されています。このイベントに、ロボットの開発・製造・販売を行なうロボットベンチャーのテムザックが出展していました。それも試乗コーナー(体験展示)です。

Tmsuk_rodem01
 それがこの後ろから乗る形状の電動いす型ロボット、RIDE-ROID「RODEM(ロデム)」です。そのコンセプトは、ベッドから身体を反転させることなく乗り移ることができる電動モビリティ。シート高を調整してベッドからの乗り移りはもちろん、シートは前傾に上昇させることで作業もしやすい姿勢も維持ができます。

Robotic_activechair_rodem
 テムザックは、これまでずいぶんとこのコーナーで紹介してきています。前回は「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」(東京ビッグサイト/2017年9月27日~29日/主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)でアクティブチェア「ロデム」ということで紹介しましたが、今回のそれは、この時と比べるとだいぶ異なるモデルとなっていました。

Tmsuk_rodem03
 サイズは、全幅690×全長1000~1203×全高920~1254mm。座面高は400~785mm。重量は110㎏。4輪で駆動しますが、操作はジョイスティックもしくはBluetooth経由のスマートフォンによる遠隔操作。鉛バッテリー搭載で、最高時速6km、1回あたりの航続距離は約15kmとなります。充電時間は8時間。メーカー希望小売価格は98万円。

Tmsuk_rodem02
 このロデム、なかなか使い勝手もよさそうでした。こういった乗り物のニーズは高まっていますし、注目の一台となるでしょうね。

|

« 人とくるまのテクノロジー展であのトロフィがやってきた! | トップページ | ロードスター祭り、今年も盛大に開催! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/73552206

この記事へのトラックバック一覧です: RODEMは進化し続ける…:

« 人とくるまのテクノロジー展であのトロフィがやってきた! | トップページ | ロードスター祭り、今年も盛大に開催! »