« 全日本学生フォーミュラ大会、企業PRも重要? | トップページ | 自作する電動カート、CQミニカートがなにげに熱い! »

2018年9月19日 (水)

ドリフトキングダム第6戦間瀬、今週末開催!

 去る8月12日に開催された第5戦富士で、平岡英郎選手が菅生に続いて2連勝し、タイトル争いも熾烈になってきたドリフトキングダム2018シーズン。全7戦で行われるシリーズも残り2戦となる第6戦が、今週末、新潟県にある日本海間瀬サーキットで開催となる。

 今シーズンは箕輪慎治選手(#23 HEYMAN!!チェイサー)の開幕2連勝から始まったわけだが、箕輪選手はそこから失速。変わって5月の第3戦名阪戦は強雨のため、決勝追走が中止となり、予選単走トップ通過の川井謙太郎選手(#109 AUTO-TEC チェイサー)の公式戦初優勝。そして続く第4戦菅生からは、平岡英郎選手(#777 MADFACE ZT RX?7)が2連勝と、なかなか面白い展開となっている。

 しかし、ポイントランキングでは、まだドリフトマッスル&ドリフトキングダムで優勝経験のない益山 航選手(#530 3代目マスビア)が現在のポイントリーダー。これを8ポイント差で平岡選手、そして川井選手(14ポイント差)、箕輪選手(25ポイント差)で追いかけている状況だ。

Dkrd6_002_2
 日本海間瀬サーキットは山間に設けられた全長2000mで14個のコーナーを持つ、高低差28.9mのコース。このドリフトキングダムではバックストレッチから最終コーナー脱出までの区間を使用して審査を行なう。このコースはタイヤに厳しいことでもおなじみのコースで、タイヤは3セットまでという使用制限のレギュレーションが各選手を苦しめる。昨年の覇者である箕輪選手は、練習走行から極力タイヤの使用を避ける走りをしてタイヤを温存して決勝に臨んでいた。また、昨年ここ間瀬で2位に入りタイトルを獲得した前田選手が「0部山まで使える」というゼスティノタイヤが新しいブランドのタイヤを持ち込むかもという噂もあり、このあたりのタイヤメーカーの争いも見逃せない。

 今回も審査員には、現役GTドライバー松田次生選手も加わり、土屋圭市審査委員長とのツイン審査(日曜のみ)となる。

Dkrd6_003
 また、チェリオの「ライフガード無料サンプリング(土日とも)」、「プロクラス同乗走行(土曜のみ)」「土屋圭市さん&松田次生さんサイン会(日曜のみ)」、「プロクラスドライバーサイン会(日曜のみ)」、「優勝者当てコンテスト」、子どもたちを対象とした「コースde宝さがし」といった来場者を対象とした人気イベントもしっかり開催となる。

 9月22日(土)はクラブマンクラス、DKチャレンジビギナークラス。9月23日(日)はプロクラスとDKチャレンジエキスパートクラス開催というスケジュール。入場料は、前売り券2500円、当日券3000円(※中学生以下無料)。ドリフトキングダムの入場前売り券はeプラスで、8月11日(土)18時まで入手が可能。また、ドリフトキングダム(プロクラス)の模様はYouTubeライブにて配信予定。ぜひチェックしよう! 詳しくは公式H.P.まで。



|

« 全日本学生フォーミュラ大会、企業PRも重要? | トップページ | 自作する電動カート、CQミニカートがなにげに熱い! »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/74233197

この記事へのトラックバック一覧です: ドリフトキングダム第6戦間瀬、今週末開催!:

« 全日本学生フォーミュラ大会、企業PRも重要? | トップページ | 自作する電動カート、CQミニカートがなにげに熱い! »