« 自作する電動カート、CQミニカートがなにげに熱い! | トップページ | さてどーなる? ドリフトキングダム初代王者! »

2018年10月10日 (水)

EVレース、今シーズンも終盤へ

 10月7日(日)、茨城県・筑波サーキットのコース2000では、昨日お伝えしたCQ EVミニカート筑波レース秋大会と、全日本筑波EV60kmレース大会(JEVRAシリーズ第5戦)が開催となりました。

Evstart

 2018年全6戦中の第5戦目を迎えた電気自動車のみで争われるJEVRAシリーズは、今季の最終盤となり、ポイント争いも熾烈となっています。総合のポイントランキングではトップは金井亮忠選手(#72 チームNATS日本自動車大学校・ミライ)の41ポイント。それに続くのが、テスラ モデルSを駆る地頭所光選手と中野信治選手(#2 タイサンUTAC TESLA Sをこの2名でシェア)が40ポイントで並んでいます。しかし、最終戦を金井選手は欠場予定ということで、地頭所選手がここできっちりポイントを稼いで総合タイトルに王手をかけたいところ。また、各クラスのポイントランキングでも、クラスによってはここでシリーズタイトルが決まるものもあり、最後の熾烈な争いになっています。

 この日、元台風25号がもたらした暖かい空気と山越えのフェーン現象の影響で、10月にもかかわらず、関東一帯は真夏日を記録するほどの暑さ。もちろん、筑波サーキットも例にもれず予選がスタートする午前10時半にはすでに気温30度越えとなっていました。

 この予選では、今回新たにタイサンのフロントラジエターウォッシャー導入も、そのタンクの固定が甘く、走行中に車内を水浸しにしてしまって、思うようにアタックができなかったというテスラモデルSの地頭所選手がトップタイムをマーク。今シーズン、マシンのトラブルに見舞われなかなか成績の残せていない金沢秀好選手(#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV)も計器表示のトラブルがあり、モデルSとコンマ5秒差の2番手に入っていました。

Topbattle

 全16台で行われる決勝レースでは、そのポールシッターの地頭所選手と金沢選手のトップ争いが終始繰り広げられる展開となりました。まず地頭所選手が先行、その後トップが4度入れ替わる攻防を見せます。両車ともに車両制御が入るギリギリのところでの走行を重ね、しかし最後は金沢選手の86EVがペースダウンを余儀なくされ、地頭所選手が今季3勝目を挙げました。

Teslas_2
 この2台に続く3位には、今回、ボンネットにエアアウトレットを設け、さらにフロントグリル部にワイヤメッシュに変更するなど、さまざまな変更を加えてきた国沢光宏選手のミライ(#1 トヨタ・ミライ)が入りました。
Kunisawa
 国沢ミライはスタック周辺のトラブルがあったようで予選では振るわなかった(14番手)ものの、きっちりと決勝はまとめてきた、というところでしょうか? 今回はトヨタの開発スタッフも多く応援に駆け付けており面目躍如?
Podium_2
 EV-3クラスの日産リーフの争いは、途中他車を巻き込みながらも終始3台のバトルが繰り広げられました。レース終盤には、初期型セグ欠けの田中耕介選手が電欠で脱落。最後まで粘っていた高橋勝之選手を2秒強引き離してレーサー鹿島選手(#88 東洋電産 LEAF)がクラストップの総合9位でフィニッシュとなりました。
Ev3leaf
 EV-Rクラスは折戸 聡選手(#35 RWORKS NOTE NISMO)が優勝。しかしこの気温もあってか、16台参戦中、3台(すべてEV-Rクラスの車両!)がタイヤトラブルでレースを走り切ることができず、でした。

 レース距離50kmで争われる最終戦は、11月4日(日)にツインリンクもてぎで開催となります。
(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 自作する電動カート、CQミニカートがなにげに熱い! | トップページ | さてどーなる? ドリフトキングダム初代王者! »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/74360367

この記事へのトラックバック一覧です: EVレース、今シーズンも終盤へ:

« 自作する電動カート、CQミニカートがなにげに熱い! | トップページ | さてどーなる? ドリフトキングダム初代王者! »