« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月10日 (水)

EVレース、今シーズンも終盤へ

 10月7日(日)、茨城県・筑波サーキットのコース2000では、昨日お伝えしたCQ EVミニカート筑波レース秋大会と、全日本筑波EV60kmレース大会(JEVRAシリーズ第5戦)が開催となりました。

Evstart

 2018年全6戦中の第5戦目を迎えた電気自動車のみで争われるJEVRAシリーズは、今季の最終盤となり、ポイント争いも熾烈となっています。総合のポイントランキングではトップは金井亮忠選手(#72 チームNATS日本自動車大学校・ミライ)の41ポイント。それに続くのが、テスラ モデルSを駆る地頭所光選手と中野信治選手(#2 タイサンUTAC TESLA Sをこの2名でシェア)が40ポイントで並んでいます。しかし、最終戦を金井選手は欠場予定ということで、地頭所選手がここできっちりポイントを稼いで総合タイトルに王手をかけたいところ。また、各クラスのポイントランキングでも、クラスによってはここでシリーズタイトルが決まるものもあり、最後の熾烈な争いになっています。

 この日、元台風25号がもたらした暖かい空気と山越えのフェーン現象の影響で、10月にもかかわらず、関東一帯は真夏日を記録するほどの暑さ。もちろん、筑波サーキットも例にもれず予選がスタートする午前10時半にはすでに気温30度越えとなっていました。

 この予選では、今回新たにタイサンのフロントラジエターウォッシャー導入も、そのタンクの固定が甘く、走行中に車内を水浸しにしてしまって、思うようにアタックができなかったというテスラモデルSの地頭所選手がトップタイムをマーク。今シーズン、マシンのトラブルに見舞われなかなか成績の残せていない金沢秀好選手(#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV)も計器表示のトラブルがあり、モデルSとコンマ5秒差の2番手に入っていました。

Topbattle

 全16台で行われる決勝レースでは、そのポールシッターの地頭所選手と金沢選手のトップ争いが終始繰り広げられる展開となりました。まず地頭所選手が先行、その後トップが4度入れ替わる攻防を見せます。両車ともに車両制御が入るギリギリのところでの走行を重ね、しかし最後は金沢選手の86EVがペースダウンを余儀なくされ、地頭所選手が今季3勝目を挙げました。

Teslas_2
 この2台に続く3位には、今回、ボンネットにエアアウトレットを設け、さらにフロントグリル部にワイヤメッシュに変更するなど、さまざまな変更を加えてきた国沢光宏選手のミライ(#1 トヨタ・ミライ)が入りました。
Kunisawa
 国沢ミライはスタック周辺のトラブルがあったようで予選では振るわなかった(14番手)ものの、きっちりと決勝はまとめてきた、というところでしょうか? 今回はトヨタの開発スタッフも多く応援に駆け付けており面目躍如?
Podium_2
 EV-3クラスの日産リーフの争いは、途中他車を巻き込みながらも終始3台のバトルが繰り広げられました。レース終盤には、初期型セグ欠けの田中耕介選手が電欠で脱落。最後まで粘っていた高橋勝之選手を2秒強引き離してレーサー鹿島選手(#88 東洋電産 LEAF)がクラストップの総合9位でフィニッシュとなりました。
Ev3leaf
 EV-Rクラスは折戸 聡選手(#35 RWORKS NOTE NISMO)が優勝。しかしこの気温もあってか、16台参戦中、3台(すべてEV-Rクラスの車両!)がタイヤトラブルでレースを走り切ることができず、でした。

 レース距離50kmで争われる最終戦は、11月4日(日)にツインリンクもてぎで開催となります。
(XaCARレポーター・青山義明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

自作する電動カート、CQミニカートがなにげに熱い!

 10月7日(日)、茨城県・筑波サーキットのコース2000では、全日本筑波EV60kmレース大会(JEVRAシリーズ第5戦)、そしてCQ EVミニカート筑波レース秋大会が開催となりました。
Allteam
 CQミニカートとは、CQ出版が販売している小型のカートです。コイルの巻き方から自分で決める自作モータを使用することで、その性能を、30分間の走行で競うというものです。コントローラ(インバータ制御基板)は自由(キットで用意されているものもある)。モーターの線径、巻き数、巻き方(6直列、2直3並列、3直2並列、6並列)はそれぞれが制作し、コアも標準のものと低損失タイプから選択可能。バッテリーは鉛(12V×2)とリチウムイオン(25.2V/指定機種のみ)から選択します。
Start_3
 このCQミニカート大会も、今年で5年目、今回は夏の大会に続く2回目の大会(今回初めて年に2回開催、つまりCQミニカートとしては6回目の大会)となります。基本的には、そのモータと制御技術が競技の主目的であり、これまではカート本体の改造は不可となっていました。しかし、今回はこれまでのレギュレーションに大きな変更が加えられ、カウルの装着が可能となりました。それにより、筑波でのこれまでの最多周回9周のラップを上回ることができるか、に注目が集まる1戦となりました。
01
 カウルは、いわゆるエコランなどに使用されているプラ段、プラスチックダンボールと呼ばれる中空構造のポリプロピレン樹脂製。軽くて強度があり耐水性もあって、エコラン競技大会などでよく使われていますが、このミニカートでも多くのチームが使用しています。
14
 エントリー26台を集めた今回のレース。最若手は15歳の高校生で、エントリーの半数以上が大学生です。リチウムイオンバッテリー搭載車は4台となります。レースは予選などの走行はなく、グリッドは抽選。30分間で行なわれるレースは、2台がスタートできなかったものの、20台が完走しました。
23
 トップでチェッカーを受けたのは、このCQミニカートの心臓部を製造するMITSUBA(ミツバ)の社内チーム23号車(磯村 翼選手/ミツバ・SCR+プロジェクト)。2位には同チームの鉛バッテリー搭載車である14号車(石田隆成選手)。そして3位には、2016年の大会から3連勝中で、ゼッケン1をつける柳原健也選手(小野塚レーシングZ(orz) )でした。
Podium
 エコランのカウルの経験をもとに今回ミニカートのカウルも制作したという磯村選手は「1回目のCQミニカート大会から出場しています。今回はカウルの効果がめちゃくちゃあって優勝できて純粋にうれしいです。ただ次回以降柳原選手も同様のカウルを作ってきたらヤバいですね、負けちゃうかもしれません」とコメントしてくれた。
(XaCARレポーター・青山義明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ