« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2018年12月

2018年12月 3日 (月)

ドリフトキングダム、2019シーズンのスケジュール発表

 ドリフトマッスルから名称変更してスタートした「ドリフトキングダム」。無事に最初のシーズンが終了しました。このドリフトキングダム初代王者には平岡英郎選手(No.777 MADFACE VL RX-7)がタイトルを獲得。ランキング2位には益山 航選手、3位に川井謙太郎選手という結果に終わりました。
Dk7_2nd_2018champ_hiraoka
 この上位勢の勢い、そしてトップランカーにはなれなかったものの、いぶし銀の走りを見せたベテラン勢の魅せる走りも楽しい、非常に見応えのあるシーズンでした。特に第6戦の間瀬戦からの殴り込み参戦でシーズン終盤の2戦を連勝で飾り、ランキングでも8位に食い込んだ中村直樹選手(#999 N-Style 極シルビア)の活躍は、まさに一見の価値ありといった走りの数々でした。

2018top3_5
 走りはもちろんですが、審査員には、SUPER GTシリーズでニスモから参戦をしているトップドライバーの松田次生選手が、ドリキンこと土屋圭市審査員長とともに審査に加わるという方式になり、この2人の審査も楽しめ、最終戦では、その松田次生審査員のドリフト走行も見ることができるというおまけまでついたシリーズとなりました。

 さて、そんな毎戦楽しめるドリフトキングダムですが、2年目のシーズンとなる2019年のスケジュールが発表されました。

第一戦 3月23日~24日 日光サーキット
第二戦 5月11日~12日 日本海間瀬サーキット(土屋圭市さんはお休み)
第三戦 6月 8日~ 9日 スポーツランドSUGO
第四戦 8月14日~15日 富士スピードウェイ
第五戦 10月19日~20日 名阪スポーツランド
第六戦 11月 2日~ 3日 日光サーキット

 DriftKingdom2019は全6戦で開催のようです。2018シーズンは全7戦で開催されそのうちの6戦の有効ポイント制を取っていたのですが、そこはどうなるのか? 詳細の発表はもう少し先よなりそうです。

Dk7_tsuchiya_3

 審査員に新たなメンバーも加わるという話もあり、いろいろと気になります。来シーズンもCARトップ本誌およびAUTOMESSE WEBで各戦のレポートをお届けできると思います。皆さんお楽しみに。

(XaCARレポーター・青山義明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »