CARトップ

2017年7月24日 (月)

編集女子のCARトップ取材裏レポート 「1600kmツーリング」

 裏リポート第2弾は「1600kmツーリング」。今回のクルマたちは高級セダン5台。レクサスGS200t/日産スカイライン200t/メルセデス・ベンツE220d/BMW523d/ボルボS90で四国・徳島県を突っ走ってきました! 

 やはり高級セダンともあり、疲れ知らずで長時間の運転でもお尻が! 腰が! 痛くなることはなかったんですよ!

 高知県美波町では「ウミガメ」の産卵時期でもあり、運よく見られるんじゃないかと期待していたが、私たちが泊まった日は豪雨であり拝見することはできなかった…….そこでホテル近くの「えびす洞」を探索。マリオ高野さんに「カニ」という名のお嫁さんが身体にしがみついたり、高所恐怖症のマリオ高野いじめを始めるツーリングライター五味康隆さんとCARトップの横山副編。

Photo

Photo_2

 とにかく山道が多い徳島県。冷え性たいらはこんなに山道を走ったことなかったので、疲れました。でも、徳島県の人は道を譲り合ったり、ご飯屋に入れば話しかけてくれたり、空気がおいしい! あったかい町でした(キラキラ)

Photo_3  

Photo_4

 今回も事故なく無事に帰還! クルマ詳細はCARトップ2017年6月26日発売の8月号をご覧ください!(CARトップ編集部 平)

 徳島県三好市で鯉のぼり発見! パシャリッ!

Photo_5

 徳島県三好市の道の駅「妖怪屋敷」にてパシャリッ!

Photo_6

Photo_7

Photo_8

 徳島県三好市 祖谷渓の小便小僧! パシャリ!

Photo_9

 徳島県三好市 断層破砕帯、中央構造線発見! パシャリ! わかるかな~

Photo_10

Photo_11

 最後にあんまき大好き青山さんのかわいい食べ方です!

Photo_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

ドリフトマッスル、第3戦を終え、シリーズ争いはより混とんと…

 宮城県にあるスポーツランドSUGO 西コースで、71日(土)~2日(日)に開催となったドリフトマッスルの第3戦。今回もマッスルクラス、スーパーマッスルクラスともに、この長くて非常にテクニカルな菅生のコースでハイレベルなドリフトテクニックを目の当たりにすることができました。

Dmtd3_001
 スーパーマッスルクラスの優勝は、大金良隆選手(#7 MAD FACE FD3S/FD3S)。同チームから参戦の平岡英郎選手(#777 MAD FACE FD3S/FD3S)との決勝追走を経て、自身初の優勝を飾ることとなりました。

Dmtd3_002
 全5戦で争われる2017ドリフトマッスルシリーズの第3戦だが、ポイントランキングトップの前田 翼選手(#74 バーダル オディエイティー with ゼスティノタイヤ)は追走中の接触もあってマシンンは大破したモノの3位に入り、ランキングトップを死守。

Dmtd3_003
 2位に入った平岡英郎選手はポイントランキング単独2位となり、大金良隆選手もランキング4位に浮上、とチームにとっては最高の一日となったようです。

 詳しくは、WEBCARTOP、そしてCARトップ9月号(8月26日発売)をチェック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

編集女子のCARトップ取材裏レポート 「対歩行者被害軽減ブレーキ」

 「暑いのに、会社に戻ると冷房ガンガンで寒過ぎる。ひざ掛けと毛布がないとやっていけないCARトップ編集部の冷え性たいらです。

 さてさて、あっとい間に7月。今年もあと半年と、時の流れに若干ついて行けてないですが、26日がくれば! そうCARトップの発売日ですね。(キラキラ)

 今月も取材で走り回りましたので、ここで裏リポート!

 5月29日(月)には東京国際フォーラムで、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)による、「平成28年度自動車アセスメント」の評価結果発表が行なわれた。今回から「対歩行者被害軽減ブレーキ」の評価が追加され、全22車種がエントリー。

 そして栄えあるなかから、衝突安全性能評価対大賞及び特別賞を受賞したのが「スバル インプレッサ/XV」が、208点中199.7点と郡を抜いてトップとなった。

 またスバルインプレッサ/XVの「歩行者保護エアバック」デモンストレーションを見学することもできたのだ。

Photo

 歩行者エアバック作動開始! こういう膨らみ方をするんだ。と実感と感心。

Photo_4

Photo_3

Photo_5

Photo_6

 スバルスターズの乾ひかりさんが展示車アテンドとして発見っ!今日も可愛く礼儀正しい彼女から、笑顔を頂きました!

 クルマと美女は鉄則ですね! と学んだのであった。

Photo_7

 CARトップ8月号もご覧ください。 (CARトップ編集部 平)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

モータースポーツジャパンにブースを出展!!

 4月15日(土)、16日(日)にお台場で開催されるモータースポーツジャパン2017(入場無料)は、スーパーGTやフォーミュラ、D1、ラリーなどなど、現在のモータースポーツで活躍するマシンの展示やデモランなどが行われるイベント。レプリカ&ヒストリックカーなどの展示や、レーシングカー体験同乗走行など1日まるごとモータースポーツを観たり感じたりできるイベントとして人気である。
Dsc_6659

 

 そんなモータースポーツジャパン2017に、今年も交通タイムス社はXaCAR 86&BRZマガジン、CARトップ、GT-Rマガジン合同ブースとして出展する。XaCARは『ショーワチューニング』のデモカー86を展示。GT-Rマガジンは、R35GT-Rのエンジンを搭載したR32『トップシークレットのVR32GT-R』と編集部のR32の展示を行う。

Dsc_7798

 

 また、販売ブースではカートップ50周年を記念したグッズを用意。当日雑誌ご購入の方にはもれなくプレゼントがある予定。XaCAR 86&BRZマガジンの表紙でお馴染みの、要さえこさんが販売スタッフとして参加してくれる予定。週末は、サーキットではなく、お台場にモータースポーツを感じに出かけてみてはいかがだろう。

Dsc_7505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

今週末、オートメッセには豪華ゲストが大集結!

 今回で21回目を数える「大阪オートメッセ2017」は、ドレスアップ&チューニングカーのモーターイベントです。今回は、インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)を舞台に2017年2月10日(金)/11日(土・祝)/12日(日)の3日間で開催します。

Osakaautomesse20172
 インテックス大阪の中央にあるカスタマイズアリーナでは、オートメッセ開催の毎日有名アーティストのライブも行なわれます。

 注目のカスタマイズカーが多数並ぶ各社ブースももちろんですが、CARトップブースも今年も出展しています。

 今回の目玉は何といっても「ヘリテージカー」。普段なかなか見られない、ちょっと懐かしめの貴重なクルマを集めました。

Cartop01
 そしてもちろん今年も特設ステージもやります。ドリキンこと土屋圭市さん、車いすレーサーとして活躍している青木拓磨選手、ラリー界からは新井敏弘選手、ドリフトでは川畑真人選手といった面々のトークショーに出演。ほかにもCARトップ誌面でおなじみのモータージャーナリストが3日間ひっきりなしでトークショーを行なう予定。

Cartop02
 また今回もクルマにまつわる様々なエンターテイメント情報を発信するTV番組「CarXs」ともコラボします。CARトップ・ブースは、6A号館の一番奥にあります。

Cartop04
 大阪オートメッセ2017、開催時間は全日ともに9時から18時まで。入場料は当日2700円。前売2100円(中学生以下は入場無料。ただし、保護者同伴に限る。要生徒手帳)となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

新車の性能評価にはこんなにドラマがあった!

 自動車雑誌がクルマの本格的な性能を確認する定番のテストコースが、茨城県にある筑波サーキットだった。だった、というのは、最近では筑波サーキットを借りて新車のテストをする雑誌は珍しく、いまはCARトップだけが40年以上続けている。話題のニューモデルがどんなタイムで周回できるか、車好きはそのタイムアタックに一喜一憂したものだ。

Tsukuba_2

 車の性能を決めるのはサーキットの周回タイムがすべてではないが、ブレーキを含めた限界性能や、急な挙動での安定性など、サーキットでは安心してテストが進められる。

 かつては1分10秒を切れば相当に速いクルマだった。時は流れ、新型NSXやGT-Rは1分3秒前後までタイムを詰めることができるようになったし、安全性能も格段に進化している。いまでも、このサーキットはクルマの持っているポテンシャルをしっかりと教えてくれるのだ。

1tsutsumi_2
津々見友彦さん

 1970年代後半に始まったCARトップ筑波テストは、レースで活躍していた津々見友彦さんに数多く走ってもらった。その後、あの中島悟さんにもお願いしたがトップドライバーになった中嶋さんは、なかなかスケジュールが合わない。そんなことで、いろいろなドライバーに筑波テストをお願いしていたが、僕としてはなんとか「定点観測したいなー」と思い始めていた。

2nakajima_2
中嶋悟さん

 1985年にCARトップ編集長になった僕はすぐに清水和夫さんに会ってお願いした。「ぜひ、毎月必ず筑波サーキットテストをしてください。スケジュールを優先して明けて欲しい」と頼み込んだ。そこから毎月清水和夫さんの筑波テストが始まった。

3shimizu_2
清水和夫さん

 実はプロドライバーの腕前は素晴らしく、生産車ならどなたでも1秒以内のタイム差しかない。当時は、やっと国産スポーツカーが1分10秒を切り始めた時だった。それでも、「一人のドライバーが同じ条件でテストする」ことにこだわった。毎号のデータの積み重ねは自動車メーカーも気になり始め、開発の目標値に筑波サーキットのタイムが加わるようになった。

 時はながれ、いま排ガス問題を克服したクルマたちが生き生きと走り、電気自動車がスポーツカーの概念を変えようとしている。筑波サーキットは、今後も様々な伝説を作ってくれるに違いない。(編集長・城市邦夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

北海道ロケの始まり?

 寒くなってきました。雪上試乗会や来夏発売のスタッドレスタイヤの新製品取材会といった冬季ならではの恒例の北海道ロケがスタートしました。

Mazda001
 
ということで、今回は「マツダ車雪上取材会」に行ってきました。会場は、マツダが国内に持っている試験場の一つ、北海道上川郡剣淵町にあるのが北海道剣淵試験場です。北海道にあるということからもわかる通り、この試験場では毎年1月から2月にかけて、冬季耐寒試験を行なっています。

 1年で日が一番短い時期での開催ですが、試験場の冬季耐寒試験の本格的にスタートする前に、ということでの開催ですね。今回の取材会はマツダ車の4WD性能や様々な冬のドライブに関するマツダの取り組みを紹介するもので、今回で3回目となります(剣淵試験場で行なったのは今回が2度目)。

Mazda002
 会場には、マツダの新世代商品群の車両が並び、もちろん先日発表になったばかりの2代目CX-5も登場。もちろん試乗する機会も設けられました。

Mazda003
 今回は他にもワークショップという形で、「i-ACTIV AWD」を体感したり、マツダが進めているダイナミクスの統一感を持たせた車両挙動の制御である「G-ベクタリングコントロール」や操縦安定性能などを実感できました。

Mazda004
 雪国で多く使われている長靴での運転操作の実情など、日常的に積雪路をドライブすることの少ない我々取材班には面白い体験も。詳しくは次号のCARトップ誌でぜひ!

 ということで、北国での取材シーズンもスタート。これから他にも北海道ロケが続きますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

今年最大の筑波ロケ敢行

 冬晴れのいい天気に恵まれた12月某日。筑波サーキット・コース2000の1~11番ピットはCARトップ専用スペースとなっていました。

Cartoptsukuba01
 今年最後の筑波サーキットのロケを、CARトップ本誌と別冊とで取材を同時に敢行。そのため今回筑波に持ち込まれたテスト車両、その数なんと16台。これで一斉ロケを行なったのです。

Cartoptsukuba02
 このロケでは、ドリフトキング、ドリキンこと土屋圭市さん、筑波アタックのテスターである清水和夫さん、そして理論派ジャーナリストの中谷明彦さんというおなじみの3名がテスター。これに日産、ホンダ、スバルの開発担当者も加わり、もちろん編集部員は全員出動。カメラマンは誌面用に3名、さらに動画取材班として5名が加わるという、大所帯での取材でした。

Cartoptsukuba03
 日の出前からスタートした恒例の筑波アタック、そして、最後には筑波山にて動画撮影と恒例の筑波サーキットだけでない大展開。夕方5時、都内に戻った土屋さんが発したのは「おなかすいた~」。はい、ロケはぶっ通しで行なわれ、ランチタイムもなかったハードなものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

偉大なる大衆車カローラ

 1966年11月、初代カローラが発売されました。『日本のハイクラスコンパクトカー』をキャッチコピーに登場し、現在に至る半世紀の間に全世界で累計4379万台(国内累計1258万台、2016年6月時点)を販売した名車です。

Corolla01
 この夏に幕張メッセで開催された「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」では、トヨタ自動車が初代カローラ、TE27カローラレビン、カローラ1600GT(TE71)、カローラ生誕50年記念限定車アクシオHYBRID G “50 Limited”の4台を出展しました。

Corolla02
 また、カローラといえばセダンを中心にクーペやバン、ステーションワゴンなど、ボディタイプの異なる魅力的な派生モデルも数多く生まれています。漫画「頭文字D」の主人公が乗るAE86(カローラレビンじゃなくスプリンタートレノでしたが……)は、5代目カローラをベースにしたスポーツクーペで、発売から30年以上が経過したいまでも世界中で多くのファンを魅了する名車の1台です。

Corolla03
Corolla04
 高度経済成長の真っ只中に初代カローラが発売され、その後のバブル経済やバブル崩壊、2000年代に入り長引く不況など、大衆車だからこそ時代を色濃く反映し続けてきたクルマがカローラだといえるでしょう。8月に発売されたCARトップ10月号では、そんなカローラ生誕50周年の歴史を振り返っています。改めてご覧くださいね。

Corolla05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

CARトップ恒例企画1000kmテスト、今月も順調に取材進行中

 1000kmを走行してみて、実際にそのクルマをしっかり堪能して比較するCARトップ好評企画「1000kmツーリング」。

1000km01
 今回は、トヨタ・プリウス、トヨタ・アクア、スバル・インプレッサハイブリッド、マツダ・アクセラディーゼルの4車種5台!  ちょっと比較の内容がわかりにくいが、エコカー比較。今回は、大阪オートメッセがある関係上、東京を出発して、ゴールが大阪というイレギュラーな企画となった。

1000km02
 取材の規模的にも筑波のタイムアタックに次ぐ大企画となっているわけだが、現在発売中の3月号(1月26日発売)の1000kmテストで、ついに企画史上初の2泊3日の行程(通常は1泊2日)となったが、今回も同じく2泊3日でのロケ。片道500kmを走行しつつ、撮影もこなすとなると1泊2日では、なかなか厳しく2泊3日となると、取材にも余裕ができる。

1000km03
 今回の行き先は、なんとうどん県「香川」! 1000kmテストは、毎回編集部を起点に片道500km相当の場所まで行って帰ってくるというものだが、ゴールを大阪までずらした関係で、目的地も大きくずらすことができたわけである。撮影担当は小林健カメラマン。相変わらず、足場の不安定なガードレール上からの撮影を慣行。うどんはもちろん、骨付鳥を食べたり、さらには四国八十八か所めぐりのお遍路さんを見送ったり、夕陽に向かってかわら投げをしたり、香川県を堪能。

1000km04
 ロケが終われば、一部編集担当は、そのままオートメッセ取材に突入。そして残る編集部員は大阪で一泊するでなく、そのまま東京の編集部へ直行。締め切りまでは間もないわけで、なかなかハードな日々が続く。

 さて、今回のエコカー、1000kmを一気に走行したことで何がわかったのか? 詳しくは、このコーナーを担当してくれる五味康隆さんのレポートをぜひ読んでみて! CARトップ4月号は2月26日発売だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧