留守番日記

新人アシスタント女子トモゾウ

2013年6月15日 (土)

中谷明彦 月刊XaCARでは最終回?

 レーシングドライバー兼自動車評論家の中谷明彦さんが来られました。発売中のXaCAR7月号で、月刊総合誌としてのXaCAR誌が最後、今後はタイムリーな特集誌でやって行くということを聞きつけやってきました。
 編集長の城市さんとはCARトップ時代の師弟関係。XaCAR7月号にも中谷さんの登場を願っていたのですが、海外出張に行っていたため出番ならず。せっかくだからブログに登場してもらいました。
 「そういえば僕、XaCARにサイン書いたことないや。サインいる?」と、聞かれ、中谷さんが表紙に出ている付録と、色紙にサインしてもらいました。見た目、無愛想ですが、話すと愛嬌ある人なんですよ。
1
 ペンで文字を書くことがすくないこのパソコン時代。「不滅の滅がわからなくなっちゃった~」って、中谷さん。城市さんに渡したら、赤字チェックをされそうになってしまいました。
2
 中谷さんといえば、かつて「日本一速い人」でした。「フォーミュラーでも箱のレースでも、理詰めのレールをする珍しい存在だった」と、編集長が言っていました。
 特集本になっても中谷さん、よろしくお願いします~。(XaCAR編集部)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

カーライフエッセイスト・吉田由美さん現る

 XaCARで毎月コラムを書いてくださっている、カーライフエッセイストの吉田由美さんがこられました。この日は、6月10日発売号のコラムに使用する写真を持って来てくれました。
1
 ちなみに、この日は、午前中にマクラーレンの発表会に行って、その後は撮影。そして、XaCAR編集部に来て、帰ったら原稿を書くという人気の由美さん。服装も、涼しそうな夏の格好。「誌面はもう夏の格好なのよ~」と話してました。撮影することも多いと思うので、日焼けにご注意を。
2
 原稿書くために、眠気覚まし。コーヒー出したら喜んでくれました。せっかくだからこの日発表された、マクラーレンP1の感想聞けば良かったなってちょっと後悔。
 なぜって? だってクルマのことじゃなくて、美容院ネタて盛り上がってたんだもの。女性がいるとこういう話ができて嬉しいです。ちなみに由美さんはクルマで、六本木の美容院に通っていました。さすが、カーライフ!
吉田由美さんのブログはこちら
http://www.hobidas.com/blog/rosso/yoshida/
(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

「モデル要さえこ」XaCARに幸せの風を吹かせる!!?

 先日、よくお世話になっているモデルさん、要さえこちゃんが編集部に来ました。放つオーラがやっぱり違いますね。要ちゃんが来たら、みんなウキウキで編集部の雰囲気が明るくなりました。
1
2
 編集部で人気のコーヒーサーバー、ネスプレッソの前でCMのマネッコ。お相手ははジョージ・クルーニーだったらいいのですが・・・。コーヒーのCMと言ったら自動車業界では、レーシングカーデザイナーの由良拓也さんが出演していましたね(古いこと知っているしょ)。その時のキャッチコピーは「違いのわかる男でした」要ちゃん、コーヒーの味の違いはわかったかな?
3
 いつもの血圧チェック。編集部内で再び流行り始めた血圧検査。高血圧は要注意ですよね。要ちゃんは、正常値でした。健康的ですね。さすが、モデルさん。
4
 トモゾウの席に座って、お仕事チェック!!?隣にいる、XaCAR編集部のジョージクルーニーもどきはドキドキです。
5
 話しをしていたら、ちょうど取材から帰ってきた、土屋圭市さんのNSX。クルマが嬉しそうですね。
要さえこちゃんのブログは
(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

TOYOTA86で峠を楽しむ

 TOYOTA86の発売をきっかけに始まった、スポーツカルチャー推進構想。その活動の一つに峠カルチャーというものがあります。
 日本各地の峠を巡っていけるスタンプラリーアプリ「リッジクエスト」。これに86オーナーはどっぷりとはまっているらしく、今回は2名のマイスターの表彰会に行って来ました。
1
 マイスターはイムさんとスーさんです。マイスターというだけあって、86個の認定峠(ノミネートは120ヵ所)を制覇しているつわもの。しかも、イムさんは3.5ヵ月、スーさんはなんと2ヵ月で全国各地にある峠を回りきっています。
 どうやってそんな短時間で86個もの峠を回るのか、いろいろテクニックを話してくれました。
2      左スーさん 中央トヨタマーケティングジャパン・喜場さん 右イムさん
イムさん
●平日はオイル交換と、夜中までドライブの計画をしています。家族の協力が必要で、奥さんを説得できるかが鍵です。86はコーナリングがいいので、峠カルチャーはそのチャンスを与えてくれます。
スーさん
●運転が大好きで、「どこへ出かけようかな~」って考えてたら全国の峠を紹介してくれている。それが嬉しい。
 これからのレジャーシーズン。ご家族で一緒に峠の制覇。奥様は全国を見て回れるから喜ぶと思いますよ。(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

かっこいいメルセデス・ベンツの黒いSLS

 「これかっこいい!」な~んていうと、XaCARで連載していた、デザイン評論家の前澤さんに「根拠を言ってみろ」なんて、眉間にしわを寄せてどなられそう(笑)。
 難しいことはわからないけれど、このベンツのSLSは文句なくカッコイイと思います。
Xacar1
 何が?
 まずマットブラックでしょ(色の問題かよ)、顔はともかく、後ろ姿が戦闘機っぽくてかっこいいですね。
 戦闘機…
 運転した編集部の人は「自分、怖そうなクルマ乗っているな。前走っている人、追いかけられるとびっくりするだろうな」と、言っていました。実際、運転席を恐る恐る、ジロジロと見られたようです。確かに、イメージは複雑。
Xacar2
 最近はマットブラックが増えてきていますが、「写真を撮る時に映り込みがしなくてありがたい!」と、とあるカメラマンさんが言っていました。このクルマは5月10日のXaCAR6月号で掲載しています。(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

電気自動車コムスのセブン イレブン号を発見

 トヨタが開発した超小型モビリティ「コムス」という電気自動車が実際にテスト販売されています。3月15日の国土交通省の発表では、セブン イレブンが280台のコムスを導入したそうです。
 現在コンビニは宅配までしてくれる時代になりました。体調不良で外に買い物に行けない時や、小さなお子さんがいる家庭、ご老人にはますます便利になっているコンビニのサービス。
 超小型モビリティというので、狙いは都心ですよね。TV番組などで、一人暮らしのご老人の家にセブン イレブンのお兄さんが笑顔で宅配しているのを見て、ちょっと感動してしまいました。佐川男子のように、セブン男子が流行語にノミネートする日はくるのでしょうかね。
20130416185652_deco
 XaCAR編集部があるのは、東京の八丁堀です。周りは細い道路なのに、コムスが走っているのはまだ見たことがありません。ある日、千葉のセブン イレブンに行ったらコムス発見。思わずパチリ。母は近所を走っているのを見たそうですが、「結構スピード出るんだねー」という感想。
 コムスがXaCAR編集部に来るのはいつでしょうか? セブンのお弁当の宅配でも頼んでみましょうか。(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

「驚き(木)、モモの木、サンショの木」の香りイッパイ!

 春です。ザッカー駐車場にも春の香りが立ちました。駐車場の入り口にある植え込みで、鉢植えの山椒の木に若葉がイッパイになりましたよ。
1
 山椒といえば、思い出すのはウナギの蒲焼でしょうか。あの香ばしい香りがウチの編集長が大好きで、この山椒の木は、自分の家の山椒の木の周りに、自然に生まれた小さな木を鉢に入れて育てたものだそうです。山椒の木に実がついて、その実が落ちて自然にその子供を作っていく・・・自然って凄いですね。編集長の言葉を借りると「驚き(木)、モモの木、サンショの木」「山椒は小粒でもピリリと辛い」だそうですが、なにか古臭いけど面白い言葉の響きですね。それに私は小粒というか、小柄ですから少し嬉しい?
2
 山椒の実をつぶしたのが、山椒の粉で、ワサビとともに日本を代表する香辛料です。この写真のような若葉は、触るととてもいい香りがします。日本文化の大人の香りかもしれません。なお、写真のBMWと山椒は無関係ですが…。
 山椒の木だけでなく、高価になったウナギも育てて、美味しい蒲焼を作って欲しい!(XaCARアシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

ザッカー駐車場はミニ祭り

 こんにちは、トモゾウです♪ 春はポップなクルマで街中を走るのも楽しくなりますよね。4月10日発売のXaCAR5月号で、大人気連載、個性派研究シリーズでは、ミニのジョン・クーパー・ワークスを掲載予定です。

Mini

 そのための取材前日、駐車場は4台のミニ・ジョン・クーパー・ワークスが揃いました。実際はさらに2台きて6台で取材予定です。駐車場にあった4台は同じ顔で、同じ色。通りすぎる人たちも、「ここはミニのディーラーさん?」というような、疑問を持った顔で過ぎていきます。

 ジョン・クーパー・ワークスは、ミニの中でエンジン出力とトルクが大きなハイパフォーマンス・サブブランドです。ラインナップも豊富で、さらに全車MTとATがそろっています。この日本に、全車MTが揃っているなんて、MT好きには魅力的ですよね。

「街中を走るならコンパクトが扱いやすく、個性も大事! そして時には高速で気持ち良く走りたい」って欲張りな人にはオススメのクルマです。(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

八丁堀も桜が満開! シャッター・チャンスですよ

 1
 
 今年もウキウキがいっぱいの嬉しい季節。春がやって来ました。みなさんが春だなぁって思うのはどういう時ですか? 春一番が吹いた時? 朝の太陽が早く上がるようになった時? 日差しが暖かくなった時? ・・・やっぱり桜の便りを聞いてから、春を一層感じるのではないでしょうか。
2
 XaCAR編集部の事務所がある東京・お江戸の八丁堀は、近くに桜川公園という名の、桜の木がたくさんある公園があります。お隣の茅場町側には桜の並木道が東京駅まで続く(途中、昭和通りで分断されているのが残念)桜通りもあります。少し歩くと隅田川沿いにも桜の名所がズラリ。「♪春のうららの隅田川♪」そのものです。
3
 カメラを持って写真を撮りに行くと、この季節は1年でもっとも写真を撮る季節なんではないかって思わされます。携帯電話で写真を撮るために立ち止まる人が大勢います。サラリーマンの男の人がビジネスバックから一眼レフカメラを出して写真を撮っていたり、アチコチにカメラマンが出現します。
4
 都内は今週末には桜が散りそうですが、まだまだ今週末が満開のところも多いようです。週末はご家族でクルマに乗って、ぜひこの時季にしか撮れない桜ショットをおさめて来てください。(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

アテンザと鹿児島と灰汁(あく)巻き

 鹿児島でのアテンザの試乗会から、「世界の青山カメラマン」が帰って来ました。鹿児島はすでにかなり暑いようで、カメラマンは半袖のTシャツで現れました。
 アテンザの試乗会がなぜ鹿児島で行なわれたのか。そもそもは去年CX-5の試乗会が鹿児島で行なわれたから、アテンザも同じ場所でスカイアクティブ・アテンザの走リを再確認しようと言うことだそうです。
 お菓子好きのカメラマンだから、試乗というより、鹿児島の銘菓巡りをしてきたんじゃないかっていう疑いもあります。でも、お土産として灰汁巻きという鹿児島のお菓子を買ってきてくれましたので、その件は不問!
1
2
 
 見た目はちまき。だけど、中身はもち米でできたお菓子です。きな粉をかけたり、黒蜜をかけたり。アレンジも楽しめそう。わらび餅みたいですね。灰汁の強いアルカリによって「でんぷん」が餅のようになり、独特の色が付くようです。アルカリ性で健康に良いお菓子ですが、ちょっと変わった味がしました。でも、変わっているからこそ、ご当地モノとして知られているんですよね。
4
(XaCAR編集部アシスタント女子・トモゾウ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧