イベント&レース

2017年6月29日 (木)

ドリフトマッスル第3戦、今週末菅生で開催

 先日、FIA公認のドリフト世界一決定戦「「FIAインターナショナル・ドリフティング・カップ」」が9月末に東京お台場で開催されることとなって、にわかに活気づいているドリフト業界ですが、今週末は、ドリフトマッスルの第3戦が、宮城県にあるスポーツランドSUGOで開催となります。

Dmrd3_point
土屋圭市さんと稲田大二郎さんが立ち上げたドリフトマッスルも、このFIAの動きに合わせて、今シーズンでこの名称自体を終了することとなっており、今シーズンはドリフトマッスルとして最後のタイトルを掛けた争いとなります。

 今回は、全5戦で争われる2017ドリフトマッスルシリーズの第3戦ということで、シリーズもこれで折り返しとなります。現在は、ポイントランキングでは、前戦スーパーマッスル初優勝を飾った前田 翼選手がトップ。平岡英郎選手と箕輪慎治選手(ともにランキング2位)、神谷 幸助選手(ランキング4位)、村山悌啓選手(ランキング5位)とトップランカーはそろっていますが、今回もマッスルディフェンディングチャンピオンの藤野選手は欠席となっているため、このシリーズタイトル争いも混とんとしていきそうです。こんなタイミングですがこのランキング争いも注目です。

Dmrd3_point2
ドリフトマッスル第3戦菅生大会は、スポーツランドSUGO 西コースで、71日(土)はマッスルクラス予選単走・決勝追走トーナメント、72日(日)はスーパーマッスルクラス公式練習・公式予選・追走トーナメントが開催となります。両日ともに入場料は1500円(駐車料金:無料)となっています。梅雨時期で天候が心配ですが、週間天気予報では日曜日の天気は大丈夫そう。ぜひ観戦に出かけてみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

インディ500優勝ドライバー佐藤琢磨が凱旋帰国

 アメリカ・インディアナポリスレーシングウェイで5月28日に開催された、インディ500レースにおいて、佐藤琢磨選手が日本人として初めて優勝。その佐藤琢磨選手が先ほど成田に凱旋した。
Takuma1

また、レースウィークの軌跡もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土屋圭市のS耐決勝結果は?

 鈴鹿サーキットで開催されたスーパー耐久決勝戦、土屋圭市さんのレース結果は、こちらをご覧ください。土屋さんは第4戦オートポリスでも出走予定なので、次回もお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

S耐の土屋圭市さん、やっぱりいいですね

 本日鈴鹿サーキットで開催されたスーパー耐久のST-TCRクラスに、2003年以来の公式戦出場となる土屋圭市さんが出走。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

スバルが惜しくも逃したニュル3連覇

 参戦10年目、クラス3連覇を目指してニュルブルクリンク24時間耐久レースに挑んだWRX STI。結果は残念ながらリタイヤとなってしまった。

Photo_6

 今年は近年では珍しく、30℃近い気温で悲鳴をあげるマシンが多数。新車を用意して挑んだWRX STIも、最初のピットイン時に燃料が気化してしまうパーコレーション症状が発生。再始動に手間取ってしまう。ライバルチームもタイヤバーストなどが相次ぎ、今年は暑さとの闘いになることが予想された。

Photo_2

Photo_3
 そして、明け方には接触、チェッカーまで残り3時間を切ったところで車両火災に見舞われてしまう……。こうして波乱の展開となったWRX STIの24時間は幕を下ろしたのだ。

Photo_4

 ただ、やはりお祭り的な感覚のあるニュル24時間耐久レース。同じSP3Tクラスに参戦するトヨタガズーレーシングは、レクサスRC1台のみでの参戦。ドライバーのひとりは、スーパーGTでBRZのステアリングを握る井口卓人選手だ。スタート前、マシンが前後に並んだため辰己英治さんがトヨタガズーレーシングへ表敬訪問。井口選手にもエールを送っていた。

Sti

 会場にはSTIの平川良夫社長も訪れ、走行を終えたドライバーたちに声をかけ、労っている姿がとても印象的だった。また、日本からの応援ツアーも駆けつけてくれた。

Photo_5

 残念な結果に終わってしまったが、来年は再びクラス優勝を手にしてほしい。
スバルマガジンVol.10にも記事を掲載しているので、ぜひご覧ください。(編集部・原田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

今週末は名阪スポーツランドで、ドリフトマッスル!

 昨年4年ぶりの開催となったドリフトマッスル名阪大会。今シーズンもドリフトマッスル第2戦として、5月13日・14日の2日間にわたって名阪スポーツランドで開催となります。

Dmrd2_013
 コースは、名阪スポーツランド・Cコースの最終コーナーから1-2コーナーまでを使ったものとなります。直線から右・右へと巻き込んでいき、その後左・左へと続くコースレイアウトとなります。ここは、走り慣れている地元関西勢と、走りこんでいない非関西勢との走りの違いがよくわかるコースとなっています。

Dmrd2_017
 このドリフトマッスル名阪大会の14日(日曜日)に、昨年同様、中村直樹さんが率いている「チーム紫」が、団体ドリフトエクストリームショーを今回も披露することが決定しています。これは一見の価値あり、です。

 LIFEGUARD The Drift Muscle 2017 Rd,2 名阪大会は、名阪スポーツランド(奈良県山辺郡山添村大字切幡1343-1)で開催となります。

 5月13日(土)は
マッスルクラス予選単走・決勝追走トーナメント
スーパーマッスル・チャレンジクラス スポーツ走行
マッスルチャレンジビギナークラス練習走行・決勝単走2本

 5月14日(日)は
スーパーマッスルクラス公式練習・公式予選・追走トーナメント
マッスルチャレンジエキスパートクラス練習走行・決勝単走2本
スーパーマッスルドライバーによるサイン会

 入場料は500円(駐車料は無料)となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

輸入車の祭典af imp.スーパーカーニバル2017を東京・お台場で開催

 「af imp.スーパーカーニバル」は、全国からアウディ、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、プジョー、ポルシェといった輸入車のスタイルアップカーが集結する輸入車の祭典です。しかも今回は毎年恒例の大阪・舞洲だけでなく、なんと東京・お台場でも開催します。

_d3a7932

 

 会場には多くのメーカー、ショップブースが軒を連ね、人気パーツや最新パーツ、デモカーなどを展示します。もしかしたらイベント価格で購入出来る可能性も…。

 

 他にはグッズ詰め合わせ福袋が当たる“ジャンケン大会”や豪華景品が貰える特別賞発表など、1日を通して楽しめるコンテンツを用意しています。さらにアンケートに答えてくれた方にはインプオリジナルステッカーをプレゼントいたします。
02

 

 入場無料のイベントで、【船の科学館/台場駅】からもすぐなので、買い物ついでにフラッと立ち寄るなんてこともできちゃいます。ただし周辺駐車場は有料です。
5月14日(日)には大阪(舞洲)の舞洲スポーツアイランド・空の広場(大阪市此花区)でも開催します。

 

【日時】
4月29日(土)10:00〜15:00
【場所】
東京(お台場)東京臨海副都心イベントスペースP区画(東京都江東区)
【イベント内容】
スタイルアップカーコンテスト カーニバルスペシャル
プロショップ&メーカー&インポーター・ブース&スペシャルデモカー
パーツ展示即売
ジャンケン大会

01

 

TEL. 06-6458-3188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

モータースポーツジャパンにブースを出展!!

 4月15日(土)、16日(日)にお台場で開催されるモータースポーツジャパン2017(入場無料)は、スーパーGTやフォーミュラ、D1、ラリーなどなど、現在のモータースポーツで活躍するマシンの展示やデモランなどが行われるイベント。レプリカ&ヒストリックカーなどの展示や、レーシングカー体験同乗走行など1日まるごとモータースポーツを観たり感じたりできるイベントとして人気である。
Dsc_6659

 

 そんなモータースポーツジャパン2017に、今年も交通タイムス社はXaCAR 86&BRZマガジン、CARトップ、GT-Rマガジン合同ブースとして出展する。XaCARは『ショーワチューニング』のデモカー86を展示。GT-Rマガジンは、R35GT-Rのエンジンを搭載したR32『トップシークレットのVR32GT-R』と編集部のR32の展示を行う。

Dsc_7798

 

 また、販売ブースではカートップ50周年を記念したグッズを用意。当日雑誌ご購入の方にはもれなくプレゼントがある予定。XaCAR 86&BRZマガジンの表紙でお馴染みの、要さえこさんが販売スタッフとして参加してくれる予定。週末は、サーキットではなく、お台場にモータースポーツを感じに出かけてみてはいかがだろう。

Dsc_7505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

年々ハードルが上がっていく学生フォーミュラ?

 今年で第15回目を数える「全日本 学生フォーミュラ大会」へ、過去最多となる118チームの申し込みがあったことが発表されました。

14th_fsae
「全日本 学生フォーミュラ大会」は、日本の学生によるものづくりを競うレーシングカーの競技会で、1981年にアメリカで始まった大会に倣って日本でも2003年から開催されています。フォーミュラSAE(SAEとは、Society of Automotive Engineersというアメリカの非営利の自動車技術者団体のこと)シリーズ大会に組み入れられており、日本を含む世界8ヶ国11大会が同一ルールで開催されています(他にもシリーズ外で同様の競技会が行なわれています)。

 なんとなく、レーシングカーを作って、その出来栄えを競うようなイメージがありますが、各チームはレーシングカーを開発するベンチャー企業という想定で審査されるので、車両の走行性能だけでなく、販売戦略、コスト管理能力、開発能力といった面までを審査しています

 今回は、なんと総申し込み数118チームです。過去最大の申し込みだそうです。ただ、今大会から、車検待ち時間の短縮等の円滑な運営を目的に参加チームの上限を98チームに設定するルール変更がなされています。この足切りについては、まず、前回及び前々回のトップ20、ワールドランキングトップ20、そして受付の先着順という優先順位が付けられたようです。結局現在は98チームが確定(8チームが辞退、ウエイティングリストにはまだ12チームがリストに残っています)しています。

 これまで車両製作もままならないチームもたまに見かけていましたが、車両製作以外に、書類作成など運営するマネージメント能力も問われる時代になっていますね。

 今回のエントリーリストで気になるのは、昨年5位の名古屋大学が、ついにICV(内燃機関車)クラスからEV(電気自動車)クラスに変更して参戦するということです。トップクラスのチームによるクラス変更、どんな結果になるか、気になります。

「第15回 全日本 学生フォーミュラ大会」は、2017年9月5日(火)~9日(土)の5日間、静岡県のエコパ(小笠山総合運動公園)で開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

12月4日はホンダレーシングサンクスデイに行こう

  世界で唯一、二輪と四輪の最高峰レースに参戦を果たしているメーカーと言えば、ホンダしか無い。しかも二輪でも四輪でも世界タイトルを獲得している。2016年も二輪の世界選手権であるMOTO GPでチャンピオンを獲得、四輪の最高峰であるF1グランプリではエンジンコンストラクターとしてマクラーレンにエンジンを供給している。

1

  もちろん国内の最高峰であるスーパーフォーミュラやスーパーGTにも参戦。さらに底辺モータースポーツである参加型レースの取り組みにも積極的であり、世界でも屈指のテクニカルコースである鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎという二つの素晴らしい国際的レーシングコースを有していることも、ホンダというメーカーならではである。

 そんなホンダが、ファンのためにモータースポーツのシーズンエンドに行なっているのが、Honda Racing THANKS DAYだ。2輪のGPライダーで今年3度目のチャンピオンを獲得したマルク・マルケスとダニ・ペドロサが来日。もちろんF1ドライバーのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの出場も決まっている。

  中でも注目のイベントは、ホンダワークスのドライバーとライダーを交えてのプライドを掛けて争われるCR-Zを使ってのワンメイクバトルで、その名も「ドリーム対決 Honda Racing No.1決定戦」。もちろんレーシングカーに触ったり、レーシングカーの助手席に乗れたりするスーパー体験も出来るのが、このイベントだ。

3

  そしてこのイベントには、恒例のCARトップブースを出展! さらにモータースポーツ好きならすでにご存知かもしれないが、世界で一番読まれているレース関係WEBサイトである「motorsport.com」の日本版編集部も出展決定。CARトップ&motorsport.comブースへの寄り道、歓迎します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧